ブロック大レベルの問題傾向分析&攻略プリント


愛媛大学を攻略する  全体概況 | 英語 | 数学 | 国語 | 物理 | 化学 | 生物

2017年 愛媛大学の全体概況

愛媛大学

愛媛大について,センター試験と個別試験の配点をみてみると,医学部医学科を除くほとんどの学部で,センター試験の配点の割合が高い。特に教育学部は,センター試験の配点の割合が高く,センター試験でしっかり点を取ることが必須といえる。ただし,個別試験の配点も高いので,個別試験での逆転は十分に考えられる。個別試験では,易しい問題を取りこぼさないように注意して,試験に臨みたい。


愛媛大学写真を拡大する

2017年 愛媛大学の英語

英語:読解力と英作力を身につけよう!


愛媛大学の英語写真を拡大する
傾向

2017年度は,2016年度に引き続き,法文・工学部では読解問題3題に和文英訳問題1題の4大問構成であった。2016年度から形式,内容ともに大きな変更はなかった。


  • 読解問題は,英文和訳や内容説明を中心に出題されている。下線が引かれた語句・表現が示す内容を答える問題が頻繁に出題されるので,論の展開や何について述べているのかを押さえながら読む対策が必要である。単語レベルはそれほど高くないので,丁寧に解答したい。
  • 英作文は例年通り,和文英訳が出題された。会話中の日本語を英語に直すものが4問,まとまった日本文の中の文章を英語に直すものが3問出題された。与えられた日本語の意味や内容を考えて,適切な英語で表現する力が求められる問題であった。

攻略ポイント

長文読解

話の流れを意識して読む練習をしておこう!
  • 読解問題の占める割合が多いので,設問ごとに,問題文をよく読み,解答の該当箇所を素早く見つけて,答えることがポイントである。必要な情報を自分の言葉でまとめることができるよう,演習を積んでおこう。
  • 例年,大問1で英文和訳問題が3〜4問出題されている。英文和訳問題では,文構造を把握し,文意に沿って訳出する力が必要である。語彙とあわせて,頻出の構文も覚え,文脈にあった自然な日本語になおせるようにしよう。

和文英訳

口語表現に慣れよう!
  • 例年,会話文を英語にする問題が出題されている。日頃から問題集などを解いて,会話文でよく見られる定型表現を押さえておこう。
  • 日本語を1語1語英語に置き換えていくのではなく,与えられた日本語の意味や内容を的確にとらえ,自分が英語にしやすい表現に言い換えて,ミスをすることなく書く練習をしておきたい。

大学過去問からのおすすめ問題

2017年度  3  (法文・工学部)
(理由)
読解問題で頻出の,下線が引かれた語句・表現が表す内容を明確にする問題と和訳問題が出題されているので,愛媛大学の読解問題で出題される問題のパターンをひと通り練習することができる。内容説明をするうえでのポイントは,該当する内容がどこに書かれているかを見つけ,要点を押さえながら該当箇所をまとめることである。頭の中では理解していても,実際に書いてみると,うまくまとめることができないといった状態にならないよう,日頃から類題を利用し,記述力を養っておこう。和訳問題を解く際には,文構造をとらえる力が必要となってくる。語彙力だけでなく,文法力も身につけ,1文1文を正確に理解できるようにしておこう。


2017年度  4  (法文・工学部)
(理由)
愛媛大学では,会話文の一部を英訳する問題が出題されている。「〜さんをお願いします」や「はい,私です」のような会話文における定型的な表現が出題されるので,類題を解くなど,しっかり対策をして会話に特有の表現についての知識を増やしておこう。


千葉大学過去問からのおすすめ問題

2017年度 3 
(理由)
千葉大学でも,まとまった日本語の文章を英訳する問題が出題されている。愛媛大学と同様に,文章の流れを押さえたうえで英文を作成する練習になるので,取り組んでおこう。英作文の問題では,単語や構文などは,基本的なものを使って間違いのないように書くことが重要なので,文法書や単語集などで知識を増やし,よく使われる表現を使って文を組み立てる演習を積んでおく必要がある。


ラーンズ問題集からのおすすめ問題

進研WINSTEP 英語3
(理由)
問題ごとに,大学入試の記述問題を解くうえで必要な攻略法や答案作成へのアドバイスが紹介されており,入試に向けた実力ア ップを図るのに適している。4つのステップで構成されているので,段階を踏んだ効果的な学習をすることができる。大学入試で は記述問題対策が一つのポイントになってくるので,日頃からこのような問題集に取り組み,読解力・記述力を養っておくことが 必要である。


未来につながる英作文 Standard
(理由)
unitごとに入試でよく出題される基礎的な文法項目が掲載されており,紹介された文法項目を基に問題が設定されている。文法を 確認したあと,語句整序問題や空所補充問題に取り組み,そのあとで部分英作や全文英作の問題に取り組む構成になっている。このように易しいものから難しいものへとスムーズに移行できるように問題が構成されているので,英作文の力を効率的に養うことができ,本格的に入試過去問に取り組む前の準備をするのに適している。語句整序問題や空所補充問題は読解問題の対策にもなる。今までの学習で身につけた文法を整理し,大学入試の和文英訳問題に対応できる応用力を養っておこう。


2017年 愛媛大学の数学

数学:誘導の流れを考え,解ける問題を確実に解き切ろう!


愛媛大学の数学写真を拡大する
傾向

基礎的な問題から標準的な問題の出題が中心で,解答形式は全問記述式である。 親切な誘導がついている問題が多いのも特徴である。計算量が多い問題や高度な思考力が必要な問題もあるが,誘導の意図をしっかり考えることで,解ききれる問題が多い。分野は幅広く出題されるが微分法・積分法(数学V・数学U),場合の数と確率が頻出である。小問集合の大問が必ず含まれているのが特徴である。


  • 典型問題が中心で,微分法・積分法(数学V・数学U),場合の数と確率が頻出。
  • 誘導が親切なので,誘導の流れを考えながら解くとよい。
  • 微分法・積分法などでは迅速で正確な計算力が要求される。
  • 2017年度の理系では「複素数平面」が出題されている(2年連続)。
  • 学部によって問題が異なるが,年度によっては一部共通問題もある。他の学部の過去問も解いておくとよい。

攻略ポイント

小問集合は確実に完答しよう

4問程度の分野別小問で構成された大問がよく出題されている。いずれの小問も定理・公式を押さえておけば確実に完答できる基本問題である。この問題では差はつかないので,この問題をまず手早く確実に片付けて,他の問題に時間をあてる戦略でいくのがよい。基礎から標準レベルの問題が,広範囲にわたって出題されるので,苦手分野を作らないことが大切である。

大学過去問からのおすすめ問題

2016年度  前期 第1問
(理由)
基礎から標準レベルの問題であり,教科書をしっかり理解できているかが問われている。正解することに加え,素早く解くことも重要である。


2017年度  前期 第6問
(理由)
数学Vの内容を中心とした,基礎から標準レベルの問題であり,教科書をしっかり理解できているかが問われている。正解することに加え,素早く解くことも重要である。


ラーンズ問題集からのおすすめ問題

入試基礎完成数学 入試基礎CHECKの問題
(理由)
愛媛大の小問集合と同じレベルであり,これらの問題を素早く解けるようにすることが,小問対策,さらに,愛媛大対策全体につながる。


数列は漸化式の出題が多い

数列は漸化式に関する出題が頻出している。また,数学的帰納法や確率,整数と絡めた出題もある。基本から標準的な問題が多く,問題内の誘導も比較的丁寧でわかりやすいため,典型的なパターン化された漸化式の解法の練習をしておこう。

大学過去問からのおすすめ問題

2017年度 前期  第5問
(理由)
確率漸化式の定番問題である。誘導の流れを考え,しっかり読解できる力も必要である。


2016年度 前期  第3問
(理由)
2つの数列の漸化式が与えられ,最終的に数列の和を求める問題である。誘導に従い確実に点をとっておきたい問題である。


ラーンズ問題集からのおすすめ問題

ブロック大への数学 P87 B問題313
(理由)
2つの数列の漸化式が与えられ,最終的に(等差数列)×(等比数列)の和を求める問題。誘導形式となっているので,丁寧に解いて練習しておきたい。


医学部医学科はじっくり取り組む姿勢が大切

医学部医学科単独の問題は,微分法を利用するやや難しい問題が例年の傾向となっている。他大学の医学部の問題を含めて応用的な問題に慣れておこう。例えば熊本大学でも医学部医学科だけの別問題があるので,演習するにはよいと思われる。また,医学部医学科のみ試験時間は120分(その他は100分)であるため,集中力を切らさず,誘導の意図を考えじっくり確実に取り組む練習をしておこう。

大学過去問からのおすすめ問題

2016年度  第10問 
(理由)
医学部だけで出題された問題である。問題で与えられた図形の条件から立式して,三角関数の定理・公式も用いて解く。


2015年度  第9問 
(理由)
(1)は基本問題で落とせない。(2)は場合分けや角の設定が必要である。それに加えて,微分法の活用まで問われている。計算量も多く,最後までたどり着くには,かなりの力が必要である。


ラーンズ問題集からのおすすめ問題

ブロック大への数学 P23 B問題82
(理由)
レベルは高いが,どのような順番で考えていけばよいかを練習するにはいい問題である。


2017年 愛媛大学の国語

国語:現古融合文が特徴的。基本的な知識事項の再確認を大切に!


愛媛大学の国語写真を拡大する
傾向

法文学部は,解答時間120分で現古融合文・漢文・現代文の3大問構成。教育学部は,解答時間100分で現代文・古文・漢文の3大問構成。解答形式は,多くは記述形式である。どの大問もオーソドックスな出題である。


  • 最も差がつくのは,古文(現古融合文)・漢文の基本的な知識事項が定着しているかどうかである。あやふやなところを残さないように再確認が必要である。
  • 例年,法文学部では現古融合文が出題される。過去問を演習して現古融合文に慣れておく必要があるが,現代文・古文それぞれで力をつけていれば特別な対策をしなくても十分対応できるだろう。古文(現古融合文)では,現代語訳・文学史が問われる。和歌を含む文章の場合は,和歌の解釈や表現技法について問われることもある。
  • 漢文の出典はさまざまな分野に及ぶ。読解設問は,本文の内容を一文ずつきちんと押さえていくことで対応できる。
愛媛大学の国語写真を拡大する
傾向

教育学部は,右記表の通りである。


  • 全体的にオーソドックスな出題である。
  • 古文・漢文では,基本的な知識が定着しているかどうかがポイントになる。
  • 古文では説話からの出題がめだち,比較的オーソドックスなものである。

攻略ポイント

現古融合文

現古融合文は,現代文の中で古文の内容を説明している箇所を探して,互いに関連づけながら解く
  • 現古融合文中で取り上げられる古文は,教科書に取り上げられているスタンダードな作品(特に平安時代の文学)が多く,文学史についても再確認しておく必要がある。

古文

基本的な知識事項を押さえ,現代語訳の設問は,品詞分解して,個々の単語の意味を確実に訳出する
  • 識別や敬語など,基本的な知識事項を必ず再確認する。
  • 文章の流れから安易に意訳せず,まず品詞分解して,一語一語忠実に現代語訳してから,読みやすい現代語訳に推敲する。
意識して主語を補いながら読み,人物関係を把握しながら本文全体を理解する
  • 省略された主語をつかむために敬語に着目する。
  • 接続助詞(「に」「を」「ば」「ど」の前後では主語が変わることが多い)に着目して,主語が変わるポイントを見つける。
作品のジャンルを意識して,本文の主題を理解する
  • 教育学部では,説話,軍記物語のジャンルから出題されることが多い。
  • 軍記物語については,平安時代末期から室町時代までの,武家を中心とした歴史について一通り復習しておくと,本文を理解する上で非常に参考になる。
  • 一方,説話においては,「仏教説話」・「歌徳説話」・「教訓譚」・「貴族や庶民に関する異聞奇譚」と様々な内容が語られる。その主題を意識して読むことで,本文をより深く理解できよう。

漢文

基本的な知識事項を押さえる
  • 教育学部では,語の意味や書き下し文の出題において基本的な知識事項が身についているかどうかが鍵となる。
一文ごとの意味を確実に把握しながら,本文全体を理解する
  • 前に解いた設問が次の設問を解くうえでヒントになることが多い。主語をおさえながら,一文ずつ確実に理解していくことが重要である。
作品のジャンルを意識して,本文の主題を理解する
  • 法文学部・教育学部とも,出題ジャンルは多岐にわたる。特定の分野に偏ることなく対策を行っておくべきである。

大学過去問からのおすすめ問題

2016年度  第一問〜第三問(法文学部)
(理由)
例年,現古融合文が取り上げられ,ほぼ同様の出題がなされているので,過去数年分の問題に取り組んでおくことが有効である。記述問題では「わかりやすく説明する」ことが求められており,限られた時間の中で簡潔に説明できるよう訓練しておくことが必要である。


熊本大学過去問からのおすすめ問題

2016年度  第一問
(理由)
紙媒体の新聞・雑誌が,情報を見極める力を磨くツールであると述べた文章。ここ数年の熊本大学の評論(4000字前後)の中では短めの本文(3000字程度)で,テーマも身近で読みやすい。部分読解設問と全体把握の設問をそれぞれどのようにまとめていくか,考えるトレーニングとしてまず解いておこう。


ラーンズ問題集からのおすすめ問題

入試につながる古文入試につながる漢文
(理由)
文法・句法などに関する問題を,記述式・選択肢式を織り交ぜながら出題して基本事項の定着をはかるとともに,文脈に即した説明を求める記述問題も出題。50〜70字程度の記述説明を求める入試にも対応できる。


オーダーシステム メニューブック過去問題編(データベース番号:Q162)
(理由)
2014年度教育学部第二問(古文)には,「君なくてあしかりけりと思ふにもいとど難波の浦ぞ住み憂き」という和歌がある。 オーダーシステム搭載の問題ではこの和歌が詠まれた意図を出題。愛媛大学の問六を解くうえでヒントになる。


2017年 愛媛大学の物理

物理:波の干渉の問題に習熟しておこう!


愛媛大学の物理写真を拡大する
傾向

全学部共通問題であり,配点は学部・学科によって異なる。解答時間は100分(医学部医学科は化学との2科目で100分)であった。 大問数は4大問(医学部医学科のみ指定された2大問)で,例年,第1問:力学,第2問:電磁気学,第3問:波動,第4問:熱 のように各分野から出題されていた。 解答形式は概ね記述形式で,穴埋め形式の問題もあった。


  • 全体的に設問数・記述量ともやや多く,ほとんどオーソドックスな問題だが,なかには目新しい問題がいくつかあった
  • 標準的な問題の場合は小問数が多くなる傾向がある
  • 出題は特に偏ることなく,いろいろな項目の問題であった
  • 法則名や物理用語などの知識が問われることもあった

攻略ポイント

波の干渉条件

経路差・光路差を図から求められるようにしておこう
○波動分野では波の干渉の問題が頻出であり,15年度から3年連続で出題されている。しかも,設定や干渉条件などを変化させていくため,基本的なところからきちんと導かないと解けない問題になっている。18 年度入試においても,波の干渉の問題は有力な出題候補である。
○光の干渉はよく出題されるが,いろいろな形の干渉問題があるため的が絞りにくいうえ,経路差・光路差の求め方も状況に応じて異なることがあるので,干渉条件を「知識」として暗記するだけでは応用問題に対応できない。「なぜそうなのか」を教科書で確認し,問題演習を通して,確認した内容を「理解し,定着させる」ことが大切である。

気体の状態変化

気体の状態が変化するときは,どのような変化をしているかによって,使う式を選べるようにしておこう
○熱分野では気体の状態変化に関する出題がほとんどである。力学分野や電磁気学分野では幅広い範囲からの出題があり対策は難しいが,熱分野はそれらよりも効率的な対策が可能である。
○気体の状態方程式や熱力学第1法則は式を変形して利用される場合があり,数学的な要素を含んだ問題もある。また,熱分野の問題が医学部医学科との共通問題になった場合,文字式の計算が複雑になる傾向がみられた。問題に数多く取り組み,Δ (デルタ)を用いた式変形などにも慣れておきたい。

大学過去問からのおすすめ問題

16年度 第3問 問3
(理由)
「攻略ポイント」に示した波の干渉を題材とした問題である。問題文に与えられた条件が少しひねってあるので,経路差が波長の何倍になるのかをていねいに考える必要がある。また,15年度第3問は,スクリーンを円筒状にした場合でのヤングの実験において干渉条件を導く問題(ヤングの実験の問題は,この波の干渉の問題と同様に扱うことができる)であり,合わせて解くと,波の干渉に関する理解が深まるはずである。


15年度 第4問 問6
(理由)
p−V図で与えられた気体の状態変化をT−V図で表すとどうなるかを問う問題である。4つの状態変化(定積変化,定圧変化,等温変化,断熱変化)がp−V図,T−V図,p−T図ではどのようになるのかを整理しておくと,気体の状態変化に関する理解がいっそう深まることを示唆する問題である。普段の問題演習においても,答えを求めて終わりではなく,そのような作業を行ってみると,実力は格段にアップする。


ラーンズ問題集からのおすすめ問題

進研WINSTEP物理  P116
(理由)
17年度第3問問2と同じ気柱の振動についての問題である。今回取り上げた教材では,P114の例題,P115の類題を通して気柱の振動について学習した後にP116の問題に取り組むことで,よりいっそう理解が深まる構成になっている。そのうえで,17年度第3問問2に取り組むとよい。なお,この入試問題では,開口端補正を考える必要はないが,今後,開口端補正を考える必要のある問題が出される可能性はある。P116の問題に取りかかる際には,開口端補正を意識しながら解き進めてみよう。


2017年 愛媛大学の化学

化学:教科書の内容をていねいに学習し,反応の原理や実験操作の目的を理解しておこう!


愛媛大学の化学写真を拡大する
傾向

全学部共通問題であるが,配点は学部学科により異なる。試験時間は100分であった。
大問数は5大問で,大問がさらにT〜Vの中問で構成される年度もあった。やや,理論分野と有機分野が重視された。
解答形式は,空欄補充を含む概ね記述形式で,25〜100字程度の論述問題が2〜4問出された。


  • 多くの問題が標準レベルであるが,一部に思考力を要するやや難しい問題やなじみのない物質を題材とした問題もあった。
  • 多くは記述式であるが,字数指定のある論述問題も毎年出ており,現象や反応を正しく理解しているかが問われた。
  • 理論分野,有機化合物の出題割合が高く,原子・イオンの構造は,ほぼ毎年出題された。
  • 有機化合物は,毎年,2大問で出題された。
  • 空欄補充や計算問題,論述問題など,バランスよく出題されている。

攻略ポイント

基礎〜標準問題の完全攻略

一部の難問に惑わされることなく,教科書をくり返し読み,基礎〜標準レベルの問題を確実にマスターしよう。
○出題のほとんどは,基礎〜標準レベルの内容で,18年度入試においても,その傾向が続く可能性が高い。
○理論分野からは,さまざまな内容が,偏りなく出題されている。教科書の精読と標準的な問題演習をていねいに行えば,思考力を要する問題にも対応できる。学習量が得点に反映されるので,不得意な分野を残さないように心がけたい。

論述問題

教科書で扱われる現象や反応を覚えるだけでなく,「なぜそうなるのか」を考える習慣を身につけておきたい。
○毎年,論述問題が出ており,18年度入試においても,過年度同様に出題される可能性が高い。
○内容は教科書にある知識だけで解答できるものがほとんどである。問題演習を行うときは,解答の正誤を確認するだけでなく,解説も精読し理解を深める努力をしよう。また,論述問題は,理解している内容であっても,文字数の指定にしたがって的確に答案をつくることは難しいので,教科書の探究活動の実験考察や章末問題の論述問題にも取り組んで,実際に答案をつくる練習をしておきたい。

大学過去問からのおすすめ問題

2015年度  第4問 T
(理由)
アニリンの製法に関する実験操作を,整理・確認するために適した問題である。「実験操作の目的」に関する「記述問題」も基本事項なので,しっかり教科書を読んで表現できるようにしておこう。また,ニトロベンゼンからアニリンが生じる反応を,酸化還元反応として正しく理解しておくとともに,量的関係を求める計算問題に備えておきたい。


2017年度  第2問
(理由)
酸素を題材とした大問で,周期表,電池,状態図などの分野から出題されている。空欄補充や計算問題,論述問題とさまざまな形式で出題されているという点で,本学の典型的な問題といえる。いずれも標準的なレベルであり,教科書の内容がおさえられていれば十分対応できる問題である。本問を通じて知識・理解の確認をしておきたい。


2016年度  第3問
(理由)
電気分解に関する典型的な問題である。問2のイオン反応式は,後の計算問題を解くためにも必要なので,確実に書けるようにしておきたい。問3〜問7は,ファラデーの法則,気体の状態方程式,量的関係に関する計算問題である。計算過程は問われていないが,ミスを防ぐためにていねいに計算するようにしよう。また,有効数字に注意すること。


ラーンズ問題集からのおすすめ問題

進研WINSTEP化学  P102 「元素分析,炭化水素」 問1
(理由)
元素分析の実験に関する典型的な問題である。(1)の各装置で用いる物質は,入試で頻出であるため,必ず覚えておこう。各物質のはたらきや,接続する順番については,その理由を論述できるように,字数を指定して練習しておきたい。元素分析は,有機化合物の構造決定と組み合わせて出題されることが多く,組成式のミスは,後の設問に大きく影響するので,確実に正解しておこう。


進研WINSTEP化学  P116  「有機化合物の分離操作,アニリン」 問1,問4,問5
(理由)
芳香族化合物に関する典型的な問題であり,確実にマスターしておきたい。問1は,分離操作の手順を確認するために適した問題である。問4は,アニリンの性質に関する問題である。平易であるが,正答以外のほかの選択肢が,どのような反応に関する記述であるかを確認して,整理しておこう。問5は,エステル化に関する計算問題で,有機化合物の反応における量的関係がおろそかにならないように,訓練しておきたい。また,計算問題では,計算過程や有効数字にも注意して演習を行いたい。


2017年 愛媛大学の生物

生物:論述問題が多く出題される。基礎知識を確実に説明できるようにしておこう!


愛媛大学の生物写真を拡大する
傾向

全学部共通問題であり解答時間は100分であった。 大問数は6大問であり,1回の試験で出題される分野は比較的多い。 記述,論述形式の問題が中心である。16年度は字数制限がなかったが,17年度は30〜60字程度で論述させる問題が多かった。


  • 記号選択形式の問題は少なく,記述形式や論述形式の問題が中心であった。
  • 論述形式の問題は,基礎的であるが的確に表現できるかどうかで差がつきやすい内容であった。
  • 16年度まではそれぞれの分野から偏りなく出題されていたが,17年度は「生殖と発生」を中心に出題された。

攻略ポイント

遺伝情報の発現・生殖と発生・生態系

頻出分野の知識をしっかりと整理しておこう
○過去3年間に連続で出題されている「遺伝情報の発現」,「生殖と発生」,「生態系」の3分野の知識を整理しておこう。特に,「生殖と発生」の分野は,「細胞分裂」,「動物の配偶子形成と受精」,「動物の発生」,「植物の発生」など,さまざまなテーマを含んでいるので,幅広い知識をしっかり関連付けて整理しておきたい。
○本学では,30〜60字程度で論述させる問題が多く出される。ある現象のしくみや,それが起こる理由を説明させるような問題が中心であるため,基本的な事項をしっかりと理解したうえで,各現象がなぜ起こるのかを説明できるようにしておく必要がある。

大学過去問からのおすすめ問題

16年度  第5問
(理由)
「生態系」の分野から,複数の論述が出題されている。問2・問3は,生物多様性や中規模攪乱説に関する基礎的な知識を使って説明する問題,問4は,種間関係に関する実験内容について考察する問題である。いずれの問題も,問われていることを読み取って,的確に表現する力が求められる。2〜3行程度と分量は多くないものの,慣れていないと焦って時間が足りなくなることも考えられる。本問を通じて,さまざまな論述形式の問題に対応する練習を積んでおこう。


17年度  第3問
(理由)
本学では頻出である「生殖と発生」の分野から,複数の論述が出題されている。問2では陸上動物において体外受精が必要とされる理由,問3では過剰な精子の進入を防ぐ理由,問4では発生に関してどのような実験を行えばよいかが問われている。いずれも,教科書の内容理解が求められる問題である。本問を通じて,それぞれの現象について理解できているかを確認しよう。


ラーンズ問題集からのおすすめ問題

進研WINSTEP生物  P54 問題12
(理由)
「おすすめ問題」で挙げた「問われていることを読み取って,的確に表現する」演習として本問に取り組んでおきたい。併せて,教科書で取り上げられているさまざまなしくみやはたらきについても,それぞれのポイントを整理しておこう。


マナビジョン

大学入試過去問のダウンロードはこちらで


「ブロック大+(プラス)レベルの問題傾向分析」コンテンツに対する,アンケートへのご協力をお願いいたします。
皆さまからのアンケート内容につきましては,弊社サービスやコンテンツの改善に反映させていきます。予めご了承ください。
 ※所要時間1分程度。

アンケートに回答する


ページトップへ
ラーンズのサイトでは、個人情報の入力をお願いするページは全てSSLセキュアページで保護しております。
ISO27001
IS538539 / ISO 27001:2013
ラーンズではISMSの国際標準規格「ISO27001」を取得。情報資産を適切、安全に保護するため、情報セキュリティ向上に努めております。
えるぼし認定企業
ラーンズでは、えるぼし3段階を取得。女性の活躍推進法に基づき、取り組みの優良企業として厚生労働大臣の認定を受けています。