「新課程における生物の指導について」(後篇)

特別座談会(コラム Vol.1)

「新課程における生物の指導について」(後篇)

「新課程における生物の指導について」(後篇)

今回は、新課程における生物の指導について、「進研WINSTEP生物基礎」(2012年11月発刊),「進研WINSTEP生物」(2013年9月発刊)で執筆協力いただいた駿台予備学校の4名の先生方に,新課程「生物」の特徴やご指導について,お話しをうかがいました。

最新事項を指導するにあたっての教材研究について

「新課程における生物の指導について」(後篇)

佐野先生
研究が進んで新しく扱われるようになった項目といっても、どれもここ10年ほどの入試傾向の内容なので、実は入試が先取りしているんですね。だから高学年用「生物」のどの教科書をみても、聞いたことがないっていうことは、ほとんどないです。そういう意味では、決して急に出てきたものではありません。でも、実際に大学入試問題をみる機会が少ないとすると、初めてみたってことになっちゃうでしょうね。

編集担当
例えば、第1章「生命現象と物質」でいうと、どのあたりが近年の入試傾向でもみられることですか?

佐野先生
例えば「シャペロン」(1本のポリペプチドが折りたたまれるときに、正しく折りたたまれるよう補助するタンパク質の総称)が教科書に出てきますけど、シャペロンは入試ではもう随分出ています。シャペロンの概念もそうだし、初めの取材で触れた「細胞骨格」「モータータンパク質」もそうですし、膜の「輸送体」「担体」の話もそうですし、もうがっちり出ています。「岡崎フラグメント」もそうですね。ただ「好気呼吸」が「呼吸」、「嫌気呼吸」が「発酵」「解糖」のように、定義が変わったことについてはちょっと違和感があったんですが、それ以外の内容的なものに関しては、驚いていません。

山下先生
びっくりはしないけど、「ここまでやらなきゃいけないの?」っていう気はしませんか。

佐野先生
それはもちろん、そうです。セミナーで高校の先生に「全部ご指導されるんですか?」って訊いても「いやー、どうなるかわかりません…」と言われていました。

河崎先生
本当ですね。正直、これを全部やろうと思ったら、大変ですよ。この分厚さ。

「新課程における生物の指導について」(後篇)

佐野先生
1990年〜2000年にかけて明らかになったことが今度の教科書で満載されているとすると、私と同じ世代、次の世代くらいまでは、大学でも全然習ったことのない話が多いですよね。そう思うと、やっぱりびっくりかなと思う。植物の「フォトトロピン」って、私が大学生の頃は青色光吸収の色素があるけど、見つかっていないよって言われていたのが、1990年代に見つかったと聞いて、「あっ、見つかったんだ」と思ったり、「フロリゲン」は2007年に見つかってたんだっていうのもあるし…。そうなると、いま40代〜50代の先生だと、大学生のときには見つかっていないので、習ってもいないですね(笑)。

山下先生
「えっ?!」ていう感じですよね。

河崎先生
もう1回、大学に行かなきゃならないですよね。

一同
(笑)

橋本先生
教科書は当然読んで理解しないといけないですけど、我々もそうですが、学校の先生も勉強し直さないといけない。生物の先生は大変ですよね。

編集担当
そういう先生方がどこでどうやって勉強するかは、なかなか難しいですね。

「新課程における生物の指導について」(後篇)

佐野先生
そうですよね。興味のある先生だったら、自分の得意分野の専門雑誌、植物生理の雑誌とかいろいろな学会誌とかあるじゃないですか。読まれている先生も、いらっしゃると思いますけど、全部の分野となると、ちょっと厳しいなっていう気はしますね。

橋本先生
学校の先生は、勉強会みたいなことは、されてないんですか。

佐野先生
高校で先生をやっている友人に聞くと、それどころじゃないって。忙しくてとても。

河崎先生
でもこれ、高校の先生がそれぞれ個人個人で対応するのって、大変ですよ。

編集担当
そう思います。本当ですよね。

山下先生
だからセミナーに参加されるんですよ。佐野先生がされている教員対象セミナーに。

河崎先生
なるほど(笑)。セミナーでは、たくさん質問が出るんじゃないですか? だって、高学年用「生物」は絞って教えないと教科書を終えられないですよね。

編集担当
セミナーではどのようなお話をされるんですか?

佐野先生
私は、最近の生物の入試問題のことを話しています。それってはじめに述べたように、新課程の教科書の内容に結構反映されているんですよね。
私たち予備校の講師は、毎年たくさんの入試問題をみていますが、高校の先生のお仕事は、受験指導だけではないので、よく知らない、ご存じないっていう場合もあって。新しいことが入試に出ると、いろいろな大学でも出るようになり、教科書でも扱われるようになってきた。そういうことです。
また、どういう本を参考にしたらよいかというご質問もよく受けます。

編集担当
なるほど。先生方のお薦め書籍を教えてください。

「新課程における生物の指導について」(後篇)

山下先生
いま大学で使われている教科書は、図版が豊富で読みやすいものが、いっぱいありますよね。

河崎先生
うん、そうですね。

山下先生
ええ。ああいうので勉強して、それで教えるっていうのは、私のことなんですけれど(笑)。知らないことがいっぱいあるもんで。

橋本先生
いや、よく考えると本当そうしないとだめですよね。僕らってもう本当に。

山下先生
うん、買う本が、最近漫画じゃなくて、そういうのしか、もうとりあえず買わなきゃ、って。

橋本先生
がんがん買って、これ使えなかったということもよくあります。使えず眠ったままの本がいったいどれだけあるか(笑)。

佐野先生
私も、ダメもとで、手に入るものはとりあえず買っています。いま愛用しているのは、東大の教養部で使われているやつがあるじゃないですか。あれの新しいやつは薄くてちょうどいい。とってもわかりやすいです。

河崎先生
文系用のやつで図が豊富なやつですよね。「図説 生物学」(東京大学出版会)ですよね。

佐野先生
そうそう、それです。図がすごくよくて。それの発展型の厚いやつもあるんです。それは新しいネタとか出ていて、例えばオーキシンの作用で受容体の作用器差のところとかが、ここがわかったよとトピックスで出ていて、「やった!」と思ったりします。

河崎先生
大学1・2年生の教科書に指定されているものが、読みやすいですね。最新のものは英語で書かれていますけどね(笑)。

編集担当
私はこれを買いました。「好きになる生物学 12カ月の楽しいエピソード」(講談社)。生徒向けです。

山下先生
吉田先生が書かれた本ですね。

編集担当
はい。高校の先生から、新課程生物について「読み物」として適当なものはないですか? と訊ねられたときに探した本です。4単位の方も含んだ内容ですが、教科書の内容に沿いつつ、教科書よりもくだけているので、高校生は読みやすいと思います。教科書「生物」の全体ストーリーは、この本でも捉えられますね。


教材研究向けのお薦めの書籍(☆印はとくにお薦めのものです)

「レーヴン・ジョンソン生物学」レーヴン(培風館)2006
  図が多くわかりやすく、調べものにも向いています。


「エッセンシャル・キャンベル生物学」池内昌彦 訳(丸善出版)2011


「図説生物学」東大教養学部図説編集委員会(東京大学出版会)2010
  新しいデータが簡単にまとまっています。


「アメリカ版 大学生物学の教科書」1〜3巻 ブルーバックス
  とても読みやすく、新課程の授業にも取り入れることができます。
  最先端の内容に触れながら、高校生に教えるときのヒントがたくさんある「読み物」です。


 「理系総合のための生物科学 第2版」東京大学生命科学教科書編集委員会 編(羊土社)2010
  新しいデータや最新の内容がトピックスで出ています。


 「標準生理学 第7版」小沢瀞司(医学書院)2009
  新しいデータや最新の内容がトピックスで出ています。


 「ゲノム 第3版」(メディカル・サイエンス・インターナショナル)
  コラム的なものがあり便利です。


 「一目でわかるシリーズ」の「医科生化学」「薬理学」「免疫学」等(ゲノム メディカル・サイエンス インターナショナル)
  このシリーズは図がわかりやすいです



2013年9月19日 取材



著者紹介

佐野 恵美子 先生(駿台予備学校 生物科講師)
講師歴25年以上。
暗記ではない、理解させる講義・解説を心掛けている。
いろいろなことへの興味がエネルギー源になっている。
おもな著書は「生物考える実験問題50選」(駿台文庫),「短期攻略 センター生物基礎」(駿台文庫),「短期攻略 センター生物T」(駿台文庫),「問題タイプ別 大学入試センター試験対策問題集 生物T」(実教出版),「10日あればいい大学入試 センター試験生物T、生物」(実教出版) いずれも共著。


橋本 大樹 先生(駿台予備学校 生物科講師)
講師歴十余年。
受験生だった自分自身が受けたかった授業を提供し,読みたかった本を著すことを目指している。
おもな著書は「生物理系問題 −標準編・発展編−」(駿台文庫),「短期攻略 センター生物基礎」(駿台文庫),「問題タイプ別 大学入試センター試験対策問題集 生物T」(実教出版),「問題タイプ別 大学入試センター試験対策問題集 生物基礎」(実教出版) いずれも共著。


山下 翠 先生(駿台予備学校 生物科講師)
指導のモットーは「得点アップのためにはまず楽しむこと」で,論理的でストーリー性のある講義・解説を心がけている。趣味はランニング。生徒の合格報告がフルマラソンの記録更新と同じくらい嬉しい。
おもな著書は「書き込みサブノート生物基礎」(旺文社),「解説が詳しい頻出重要問題集 生物T」(旺文社),「センター試験 生物T「考察問題」の点数が面白いほどとれる問題集」(中経出版)。


河崎 健吾 先生(駿台予備学校 生物科講師)
指導のモットーは「まずは一番大事なことをしっかり伝えること,そして考える習慣を身に付けてけてもらうこと,知識は最後に」で,1講義1講義で受講生の記憶に残る指導を心掛けている。日本の美味しい食べ物と新幹線が大好き。原稿を片手に毎月のようにこっそりどこかに遠征している。


ページトップへ
ラーンズのサイトでは、個人情報の入力をお願いするページは全てSSLセキュアページで保護しております。
ISO27001
IS538539 / ISO 27001:2013
ラーンズではISMSの国際標準規格「ISO27001」を取得。情報資産を適切、安全に保護するため、情報セキュリティ向上に努めております。
えるぼし認定企業
ラーンズでは、えるぼし3段階を取得。女性の活躍推進法に基づき、取り組みの優良企業として厚生労働大臣の認定を受けています。