生徒・学生支援


毎日の学校生活をサポートする

生徒・学生支援

毎日の学校生活をサポートする

 日々、子どもたちに寄り添い教え育むを実践されている先生方を通して学校現場の抱えている、知っているようで知らない実情や課題を感じずにはいられません。
 学校は子どもたちが一日の大半を過ごす学習・生活の場であり、私たちが供給できる商品・サービスだけでは学校生活の安心・安全のすべてを実現することはできません。先生方と一緒に現場に寄り添う形で課題のひとつひとつを丁寧に提案、解決できるように事業を進めていきたいと思います。


生徒・学生支援

生徒手帳


手帳製作のノウハウは55年の蓄積があります。

生徒・学生支援

今未来手帳


生徒の<今>を様々な角度で残し、使い、振り返ることが出来る一冊。

学校における安全・防災

学校における安全・防災


ラーンズは児童生徒の発達段階に応じた学びと、学校防災の備品備蓄などのサポート。



生徒手帳
2014年 グッドデザイン・ロングライフデザイン賞 受賞。
生徒手帳

生徒手帳
 手帳製作のノウハウは55年の蓄積があります。個別のニーズに応じた商品製作をモットーに信頼と実績そしてノウハウを積み重ね,カレンダーデザインから記録欄まで1校1校の先生方のご要望を確実に反映し,その結果,現在では3,500校からのご採択をいただいています。

もっと詳しく


今未来手帳
全国の先生・生徒の声をもとに生まれた、時間管理、モチベーション管理のための手帳。
今未来手帳

今未来手帳(いまみらい手帳)
 生徒手帳というカテゴリーを、小手先のアレンジや大人のツール転用ではなく、根本から深化させたい。ラーンズはそう考えました。
 例えば、時間管理のための機能ばかりではなく、高校生の一人ひとりが実際に使いたいと感じ、自分の問題意識に応えてくれるとリアルに感じることのできる手帳……。

もっと詳しく


学校における安全・防災
学校での安全教育・防災教育を、様々な側面からサポートしていきます。
学校における安全・防災

学校における安全・防災
 文科省は「「生きる力」を育む学校での安全教育」の目標により、防災教育では「災害に適切に対応する能力の基礎を培う」ことを目指しています。防災の基礎的・基本的な事柄を理解し、思考力、判断力を高め、また安全確保のための実践的な態度や習慣を形成するために、ラーンズは児童生徒の発達段階に応じた学びと、学校防災の備品備蓄などのサポートをいたします。

子どもたちへの防災教育に対する思いと提言


国崎信江先生プロフィール
こんにちは、国崎信江です。危機管理教育研究所で危機管理アドバイザーをしています。防災、防犯、生活上の事故対策、生活の中にある身近な危険から身を守る方法を伝えています。

危機管理教育研究所

子どもたちにこそ防災教育を

 阪神淡路大震災が20年前に起きたんですけれども、私の研究も、まさにその20年前から始まっておりまして、大規模な災害が起きますと、大人だけでなくて、子どもも犠牲になるということがあります。その子どもを守るために、大人は子どもに何を伝えたらいいのか。そして子ども自身も自分の持てる力を出して、いかに自分自身を守るかっということについて学ばなければ、また被害を繰り返すと思ったんですね。なので、この会社を立ち上げて多くの方々に伝えていきたいって思いました。


すぐ手の届くところに「防災 虎の巻」

「防災 虎の巻」国崎信江

 こちらの『防災虎の巻!』は、まさに災害が起きたときに、どのように行動したらいいのかということを主に入れてますので、日頃から身近に持っていなければ意味がないんですね。ですから、かばんやランドセル、そして生徒手帳などに挟んで、常に身近に持っていていただきたいというふうに思います。それから、これは持っているだけではだめで、こちらに本人情報がありまして、これは自分の身分証明にもなります。


 もし気を失ってしまったりとか、言葉で情報を伝えることができなかった状態であったとしても、これがあれば助ける側が、あなたが誰なのかっということがわかって、連絡先まであるので、速やかに保護者であったりとか、必要な関係機関の人に連絡してもらえるということもあります。さらに、家族と離れているときに、速やかに連絡が取れるように、家族の情報も書く欄があります。なので、ご家族でしっかり話し合っていただいて、家族での連絡の取り方であったり、待ち合わせ方法であったり、それをこちらのほうに忘れないように書き留めて、活用していただきたいというふうに思っております。

必要な防災知識を日々、持ち歩くために

「防災 虎の巻」国崎信江

 自分の身をどのように守るのかっていう書籍はたくさんあるんですけれども、その知識すべてをいつも持ち歩くことができるのか、記憶してるのかっていうと、なかなか難しいって思うんですね。なので、大切なところだけもすぐに見れて、そのとおりに行動すれば、判断に迷うことなく自分の身を守れるような、そういったものを作りたいって思ったんですね。それが、かたちとして『防災虎の巻!』となりました。一般の書籍ですと、やはり事前対策というところに重きを置かれているんですが、『防災虎の巻!』はまさに今起きたときに、自分は何をしたらいいのかっということに、答えてくれる内容を主に入れています。


子どもの生きる力を育てる教材づくり

「防災 虎の巻」国崎信江

 東日本大震災があって防災教育の重要性という点では非常に社会の関心が高まったと思います。それに伴い大人向けの防災教育にかかわる教材は増えてきたように思いますが、やはり子ども自身が自ら学ぶための教材については、まだまだ少ないような気がします。ですので、今後も子どもたちの生きる力を育ててあげられるような、そういった教材をたくさん作っていきたいなって思います。



「首都圏私立大学防災実態調査 2014」を発表しております。
首都圏私立大学防災実態調査 2014

首都圏私立大学防災実態調査 2014
 「首都圏私立大学防災実態調査 2014」は、東日本大震災以降、学校教育現場でも安心・安全が強く求められる中、首都圏私立大学においての防災への取り組みの現状を知るために、株式会社ラーンズが実施しました。
 2014年度は基本的な備蓄状況、訓練の有無や困り事などに焦点を充て、今後の対策について考えて参ります。
 「学生・職員や近隣住民にとって、安心・安全を提供するには、どうすれば良いのか」と日々お考えになっている方々が、その施策を検討される際の基礎データとなれば幸いです。

もっと詳しく


ページトップへ
ラーンズのサイトでは、個人情報の入力をお願いするページは全てSSLセキュアページで保護しております。
ISO27001
IS538539 / ISO 27001:2013
ラーンズでは、ISMSの国際標準規格「ISO27001」を取得。情報資産を適切、安全に保護するため、情報セキュリティ向上に努めております。