「未来をひらくことばの教育とは」シンポジウム

「未来をひらくことばの教育とは」シンポジウム

未来をひらくことばの教育とは

 世の中では、「グローバル」ということばを目にしない日はないといっても過言ではありません。教育の分野でいえば、グローバル社会への対応、グローバル人材育成のニーズなどとともに、若年層から高等教育に至るまで、英語教育の推進が叫ばれています。ここには、前提として、「グローバル社会に重要なのは、英語」という構図が見て取れます。このような潮流に対して、一度立ち止まってじっくりと考えを巡らす必要があるのではないでしょうか。
 また、グローバル化の進行は、また多文化社会の本格化でもあります。これまでの日本のような、共通の知識、経験、価値観を前提にした文脈の共有度の高い“ハイコンテクスト”ではなく、文脈の共有度の低い“ローコンテクスト”な多文化社会にあっては、ことばの力を基礎として、伝え合う力、理解し合う力、知恵を出し合って問題を解決する力などが今まで以上に重要となるでしょう。

 これらが、本シンポジウムを企画した根っこにある問題意識です。

 本シンポジウムは、国語教育、日本語教育それぞれの観点から、現在そして未来の「ことば」の教育について考えることを目的としています。「ことば」は私たちが生きていく上ですべての事柄の基礎となるものです。人がものを考えるとき、誰かに意思を伝えるとき、やりとりをして社会的な関係を作るとき・・・。「ことば」の教育を考えるということは、私たちがどのように生きていくのかを考えることだと言えるかもしれません。
 私たちは、次世代のために、どのような「ことば」の教育の仕組みを作り、どのような社会を引き継いでいくのか。また、次世代がよりよい社会を作り出していくために、どのような「ことば」の教育を志向する必要があるのか。本シンポジウムに参集する聴衆の皆さんと一緒に、「ことば」の教育の、今とこれからを考えていきたいと思います。


「未来をひらくことばの教育とは」シンポジウム

グローバル社会の伝えあう力 分かりあう心

福武ラーニングシアター
大津由紀雄 明海大学副学長

基調講演
「ことばの教育のあるべき姿」
 大津由紀雄 明海大学副学長


出口汪 水王舎代表、春原憲一郎 日本語教育研究所理事

課題提起
「未来を志向したことばの教育とは〜国語教育と日本語教育」
 出口汪 水王舎代表
 春原憲一郎 日本語教育研究所理事


プロフィール
大津 由紀雄 慶應義塾大学言語文化研究所教授などを経て、現在、明海大学副学長・外国語学部・大学院応用言語学研究科教授。 日本認知科学会会長、言語科学会会長、日本英語学会副会長などを歴任。認知科学における言語理論の基盤の構築を目指すとともに、言語教育、とりわけ「日本における英語教育のあり方」について積極的な発言を行っている。
出口 汪 ヒューマンキャンパス(現ヒューマンアカデミー)で講師をスタート、代々木ゼミナールに転職。大教室が満杯になるほど、一躍、“カリスマ「現代文」講師”となる。その後、水王舎を設立し「論理エンジン」を販売、現在、広島女学院大学客員教授や論理文章能力検定を運営する基礎力財団法人評議員も務める。
春原 憲一郎 1954年、東京都杉並区生まれ。(財)海外技術者研修協会AOTS日本語教育センター長として技術研修生への日本語教育に従事し、多くの地域で、日本語教育環境の企画開発及び教師研修に携わった。(社)日本語教育学会常任理事、早稲田大学大学院などを歴任、現在、日本語教師や日本語ボランティアの研修などでも幅広く活動している。
黒須 治 (株)博報堂で、長年コピーライター、クリエイティブディレクターを務め、雑誌広告賞、日経広告賞、朝日広告賞、ACC賞などを受賞。2012年(株)「ペンと鍬」を起業。広告企画・制作をはじめ、ことばを軸とした教育分野、クリエイティブによる地元起こし等、活動範囲を拡げている。

プログラム
13:30〜 本日の趣旨と演者のご紹介 株式会社ペンと鍬
コピーライター 黒須治
13:35〜 基調講演
「ことばの教育のあるべき姿」
大津由紀雄 明海大学副学長
14:15〜 課題提起
「未来を志向したことばの教育とは」
出口汪 水王舎代表
春原憲一郎 日本語教育研究所理事
15:55〜 ディスカッション パネリスト:大津由紀雄、出口汪、春原憲一郎
16:25〜 まとめ、閉会

お申し込み


開催場所

福武ラーニングシアター写真を拡大する

2016年1月23日(土)13:30-16:30
13:00 受付開始、限定180人、東京大学の情報学環・福武ホール地下2Fの福武ラーニングシアターにて、当シンポジウムを開催いたします。
入場料はお一人様2,000円となります。

主催:株式会社ラーンズ
後援:公益社団法人 日本語教育学会、全国大学国語教育学会、言語文化教育研究学会

お申し込み


自治体・企業支援


いろは動画 アーカイブ


  • NPO法人 にわとりの会
  • 財団法人 自治体国際化協会(CLAIR/クレア)
  • 市民国際プラザ
  • 篠研の上級日本語「文法」「聴解」
  • 篠研の日本語教育能力検定試験対策

ページトップへ
ラーンズのサイトでは、個人情報の入力をお願いするページは全てSSLセキュアページで保護しております。
ISO27001
IS538539 / ISO 27001:2013
ラーンズでは、ISMSの国際標準規格「ISO27001」を取得。情報資産を適切、安全に保護するため、情報セキュリティ向上に努めております。
ベネッセホールディングス 株式会社ラーンズは、一人ひとりの「よく生きる」を支援する、人を軸とし、グローバルに活動するベネッセグループの一員です。