大学入学共通テスト、国数英の動向に関して

どう変わる? 大学入試改革 2020年

文科省 2020年 大学入試改革
2017年5月16日、文部科学省より「高大接続改革の進捗状況について」が発表され、大学入試センター試験(以下、センター試験)に代わり2020年度(平成32年度)から導入される「大学入学共通テスト(仮称)」(以下、「共通テスト」)について実施方針案が明らかになりました。 そこでラーンズ編集部では、2020年に向けて、どのように大学入試改革が進められていくのかを、入試制度改革の要点や傾向をまとめ、先生方に最新の情報をお届けして行きます。

「共通テスト」の国語について

思考力・判断力・表現力を一層重視

現行のセンター試験で十分に評価できているとはいえない、「言語活動」によって育成された資質・能力を的確に評価するため、 「共通テスト」では、記述式の導入、マーク式問題の見直しが予定されています。

<記述式>
多様な文章や図表などをもとに、複数の情報を統合し構造化して考えをまとめたり、その過程や結果について、相手が正確に理解できるよう根拠に基づいて論述したりする思考力・判断力・表現力が評価されます。

<マーク式>
思考力・判断力・表現力を一層重視した問題へと見直されます。

公開されたモデル問題からは、
 ・リアルな日常の場面で活用する言語運用力  
 ・複数の思考プロセスを経て解答を作り出す総合力
 ・今までの「本文が絶対」な読み方だけでなく、本文自体を評価する批判的思考力
 ・「根拠」を示す論理的思考力
などに重点が置かれていることが読み取れます。

このような学力を養成するには,知識・技能の確かな定着に加えて,場面を設定し、それらを活用するような活動が重要になってくるといえます。

また、「共通テスト」の成績提供方法について、以下のような変更も検討されています。
現行のセンター試験の、「近代以降の文章」「古文」「漢文」の3分野別々に成績提供する形から、「国語」として一括した成績提供へ。影響としては、「古典」を課さない大学の受検者も「古文」「漢文」への対応が必要となるだけでなく、変更によって「古文や漢文と現代文の融合問題等の作題の工夫が可能となる」とあることから、分野を超えた融合問題への対応も必要になってくることが考えられます。

これらの見直しからは、教育改革を推進する文部科学省からの、「学習指導要領に基づき育成された資質・能力を抜け漏れなく、また、思考力・判断力・表現力を一層重視した形で、より多くの受検者に対し、評価していきたい」というメッセージが読み取れます。


「共通テスト」の数学について

主体的・対話的で深い学び,探究的学習などの充実が大切に

現行のセンター試験では,問題解決における構想から結論に至るプロセスがあらかじめ文脈として用意され,与えられたそのプロセスに沿って必要な数値を求めていくという「与えられた問題解決の過程を再現する力」を測る問題が中心でした。これに対して,「共通テスト」では,「数学を活用した問題解決に向けて構想・見通しを立てること」に関わる能力の評価を重視した問題に変わります。

例えば
 ・数学的事象だけでなく,現実事象(日常生活)の問題を数学的に捉える力
 ・問題解決の構想・見通しを立てる力
 ・焦点化された問題を解く力 ←従来型問題はここが中心。
 ・数学的に得られた結果について,意味を考えたり,活用したり,概念化,体系化する力
を,問題を発見し,解決する過程を通して問われるようになります。

また,数学Tの問題として記述式問題が3問程度出題され,考えた内容を数式などで表現することも求められます。

公表されたモデル問題例から,このような資質・能力は,表現力までを問う記述式問題に限らず,マークシート式問題でも十分に問うことができることがわかります。
今回のモデル問題に取り組む力を養成するには,知識・技能の確かな定着に加えて,言語活動,主体的・対話的で深い学び,探究的学習などの充実が大切になると考えられます。


「共通テスト」の英語について

「共通テスト」の英語で求められる力と求められる指導

現行のセンター試験では,「読む・聞く」の2技能が評価されていますが,「共通テスト」では,民間の資格・検定試験を活用した,「読む・聞く・話す・書く」の4技能の評価に転換されます。

資格・検定試験のうち,必要な水準,要件を満たしているものをセンターが認定し,「認定試験」となります。複数の資格・検定試験が認定試験となる可能性があります。

試験の実施については,現在は次のA案,B案の2案について検討されています。

 A案
 2020年度以降,「共通テスト」の英語試験を実施しない。認定試験を活用する。

 B案
 2023年度まで「共通テスト」を実施し,各大学の判断で「共通テスト」と認定試験のいずれか,または双方を選択利用することが可能。

どちらの案になっても,民間の資格・検定試験を活用することになりますので,「話す・書く」を含めた4技能を活用できる力が必要となります。
また,与えられた情報を踏まえて,自分の意見や考えを論理的に表現する活動が大切になると思われます。


2017年5月29日 公開


» 「どう変わる? 大学入試改革 2020年」へ



入試制度改革

  • 最新イベント情報
  • Learn-S Report(ラーンズレポート)
  • ラーンズ 問題集 導入事例
  • ダウンロードデータ 一覧をチェック

高校問題集の購入・注文方法

高校問題集を購入する

  • オーダーシステム
  • 生徒手帳
ページトップへ
ラーンズのサイトでは、個人情報の入力をお願いするページは全てSSLセキュアページで保護しております。
ISO27001
IS538539 / ISO 27001:2013
ラーンズではISMSの国際標準規格「ISO27001」を取得。情報資産を適切、安全に保護するため、情報セキュリティ向上に努めております。
えるぼし認定企業
ラーンズでは、えるぼし3段階を取得。女性の活躍推進法に基づき、取り組みの優良企業として厚生労働大臣の認定を受けています。