「高校生のための学びの基礎診断」 英語問題例分析

どう変わる? 大学入試改革 2020年

文科省 2020年 大学入試改革
2017年5月16日、文部科学省より「高大接続改革の進捗状況について」が発表され、大学入試センター試験(以下、センター試験)に代わり2020年度(平成32年度)から導入される「大学入学共通テスト(仮称)」(以下、「共通テスト」)について実施方針案が明らかになりました。
そこでラーンズ編集部では、2020年に向けて、どのように大学入試改革が進められていくのか、入試制度改革の要点や傾向をまとめ、先生方に最新の情報をお届けしてまいります。

「高校生のための学びの基礎診断」 英語問題例分析

英語問題例 全体分析
日常生活や身の回りのことに関する内容です。いずれの問題も基礎事項の定着が求められていると言えます。

CEFRのA1〜A2のレベルが目安です。

「話すこと」は「質疑応答問題」「音読問題」「応答問題」「意見陳述問題」の4大問で構成されています。

「書くこと」は短いメモ(手紙)を作成する問題です。メモに含めるべき内容が3点指定されています。


問題例の分析

英語問題例分析

※出典:
「高校生のための学びの基礎診断」検討ワーキング・グループ(第2回) 配付資料
(文部科学省)

英語問題例分析写真を拡大する

英語問題例分析写真を拡大する

英語問題例分析写真を拡大する

英語問題例分析写真を拡大する

英語問題例分析写真を拡大する

英語問題例分析写真を拡大する


2017年09月08日 公開


» 「どう変わる? 大学入試改革 2020年」へ



入試制度改革

  • 最新イベント情報
  • Learn-S Report(ラーンズレポート)
  • ラーンズ 問題集 導入事例
  • ダウンロードデータ 一覧をチェック

高校問題集の購入・注文方法

高校問題集を購入する

  • オーダーシステム
  • 生徒手帳
ページトップへ
ラーンズのサイトでは、個人情報の入力をお願いするページは全てSSLセキュアページで保護しております。
ISO27001
IS538539 / ISO 27001:2013
ラーンズではISMSの国際標準規格「ISO27001」を取得。情報資産を適切、安全に保護するため、情報セキュリティ向上に努めております。
えるぼし認定企業
ラーンズでは、えるぼし3段階を取得。女性の活躍推進法に基づき、取り組みの優良企業として厚生労働大臣の認定を受けています。