導入事例 CASE.3 福島県立原町高等学校| 株式会社ラーンズ

PICK UP
新型コロナウイルス感染拡大の影響による学校課題と取り組み事例
読み解く!大学入試
ラーンズ主催 研究会情報


教科書供給所の方へ
ラーンズの多文化共生事業

導入事例 CASE.3 福島県立原町高等学校

「今~未来手帳」(いまみらい手帳) 活用レポート

生徒一人ひとりの伸ばし時を逃さずに、成長をデザインする「今~未来手帳」(いまみらい手帳)。採用されている学校は、どのような機能に魅力を感じ、どのように指導に生かされているのか。実際にご活用いただいている学校様へ訪問し、先生方や生徒さんからお聞きしました。

意識を持って毎日の生活を送るために

CASE.4 福島県立原町高等学校

福島県立原町高等学校
昭和14年4月、現在の原町市小川町に相馬商業学校として開校。その後、昭和23年4月に原町高等女学校と合併し、福島県立原町高等学校となりました。昭和48年、原町市西町に移転し、現在に至っています。
「規律 協同 責任」を校訓として、進路希望実現をめざし、一人一人の生徒を伸ばす教育を実践しています。また、箏曲部が全国大会へ出場するなど、部活動も盛んな学校です。

今回は、福島県立原町高等学校の高野庄一先生と生徒さんお二人に、手帳の意義やご活用状況についてお聞きしました。

手帳を使って「自身をマネジメントする習慣」を

Q:まず、高校生が手帳を使う意義についてお聞きしました。

CASE.4 福島県立原町高等学校

高野先生:
私が生徒にいつも言っているのは、時間とお金はマネジメントが必要だ、ということです。高校生活は何の計画もなしに過ごすと、本当にすぐに過ぎ去ってしまうものです。ですから、自身をきちっと管理する習慣をつける意味で手帳は有益だと思います。また、手帳を使っていると、毎日の生活に意識づけができるのかな、とも感じています。


時間管理だけではなく、学習履歴の管理や復習に

Q:先生がそのように実感されたのは何かきっかけがあるのでしょうか。

CASE.4 福島県立原町高等学校

高野先生:
かつての教え子のなかで手帳をうまく活用して、すごく伸びた子がいたんですよ。それも二人です。少ないですか?(笑い)。その二人は常に手帳にすべてを書きこんでいたんですよ。具体的に言うと、日常生活や勉強時間だけではなく、授業中に出てきた英単語でわからなかったものや、どのような授業をいつ受けたか、などすべてです。そうすることで、弱点克服や復習に役立てていたようです。
二人が手帳を使って、毎日を管理し意識しながら生活している姿を見て、これをほかの生徒にも実践させてみたら、その子たちにも何か変化が現れるのではないかと感じました。


何か変わるきっかけが、少しの生徒にでも伝われば

Q:実際に原町高等学校での手帳の活用状況はいかがでしたか?

CASE.4 福島県立原町高等学校

高野先生:
約150人の生徒たちの中で、多くの生徒が手帳を活用した…、とは言えませんでした。やはり毎日のことですので、難しい部分もあります。 でも、その中にも本当に熱心に手帳を活用している生徒がいました。すべての生徒に同一の効果を求めるのは難しいですが、少しでも手帳を使って変化が現れた生徒がいてくれので、よかったと思います。


それでは、原町高等学校で手帳を使ったことによって、変化が現れた生徒さんたちの声をお聞きください。

高校生向けの手帳「今~未来手帳」(いまみらい手帳)を購入する

「今~未来手帳」(いまみらい手帳)に関するご質問・ご相談は、
お気軽にラーンズお客様センターまでお問い合わせください。
  株式会社ラーンズ  〒700-0807 岡山市北区南方3-7-17
   TEL:0120-548-155(フリーダイヤル)
   受付時間:9:00~17:00(土日・祝日・年末年始を除く)

ラーンズにお問い合わせする ラーンズに資料請求する