今未来対談「倉敷南高校オリジナル手帳活用」| 株式会社ラーンズ

PICK UP
新型コロナウイルス感染拡大の影響による学校課題と取り組み事例
読み解く!大学入試
ラーンズ主催 研究会情報


教科書供給所の方へ
ラーンズの多文化共生事業

今未来対談「倉敷南高校オリジナル手帳活用」

「真の学力」はここにあった!ポートフォリオ型手帳の可能性

今未来対談「倉敷南高校オリジナル手帳活用」

倉敷南高校オリジナル手帳活用

岡山県立倉敷南高等学校では、2014年度より、学校オリジナルのスケジュール手帳「M-PRiDE手帳」を活用されています。入学時から活用することで、生活リズムの安定、学習時間の確保だけでなく、振り返りを続けることでメタ認知力を身に着けるなど、様々な効果が表れてきています。
岡山大学で教育方法学を研究されている中山芳一先生と、倉敷南高校で1年次の担任をされている板持裕子先生に、手帳を使うことの意義や効果、教育現場での日々の手帳の活用について、ご対談いただきました。

今未来対談「倉敷南高校オリジナル手帳活用」前編

今未来対談「倉敷南高校オリジナル手帳活用」前編


対談動画のポイント
・04:22 1週間に一度は、生徒それぞれと会話しているような時間
・05:40 コメントをきっかけに、笑顔と努力が増えた
・08:28 スケジュール管理以上の様々な価値
・09:40 手帳を通じて、先生と生徒が「安心できる関係性」になる
・10:00 「私が私」を見られるようになる(メタ認知)


今未来対談「倉敷南高校オリジナル手帳活用」後編

今未来対談「倉敷南高校オリジナル手帳活用」後編


対談動画のポイント
・00:53 教室に掲げる生徒への「今日のメッセージ」
・03:16 「前期振り返りシート」
・06:45 1日~1週間~1か月~学期~1年と続く、振り返りの連続性
・07:21 まずは、「三点固定」
・09:49 先生も生徒も「いい」加減さで取り組む


※先生のプロフィールはインタビュー当時のものです。


2017年5月29日 公開



高校生向けの手帳「今未来手帳」

» 高校生向けの手帳「今未来手帳」を購入する