「共通テスト」モデル問題分析 国語| 株式会社ラーンズ

PICK UP
新型コロナウイルス感染拡大の影響による学校課題と取り組み事例
読み解く!大学入試
ラーンズ主催 研究会情報


教科書供給所の方へ
ラーンズの多文化共生事業

「共通テスト」モデル問題分析 国語

どう変わる? 大学入試改革 2020年

文科省 2020年 大学入試改革
2017年5月16日、文部科学省より「高大接続改革の進捗状況について」が発表され、大学入試センター試験(以下、センター試験)に代わり2020年度(平成32年度)から導入される「大学入学共通テスト(仮称)」(以下、「共通テスト」)について実施方針案が明らかになりました。
そこでラーンズ編集部では、2020年に向けて、どのように大学入試改革が進められていくのか、入試制度改革の要点や傾向をまとめ、先生方に最新の情報をお届けしてまいります。

「共通テスト」モデル問題分析 国語

国語 モデル問題分析
これまで国語のなかで養成してきた解釈、思考判断、表現といった汎用性のある力を、日常場面へ転移して活用させるという意図が色濃く表れています。

例1・例2とも、題材は今までのセンター試験で取り上げられてきた「評論」「小説」「古文」「漢文」のいずれにも当てはまらない、実用的な文章

どちらも複数のテクストが提示され、設問ではそれらを比較しながら、違いを指摘したり、自身の主張の根拠を見つけたりする読み方が求められています。

設問は「提案書に修正を求める」「姉の主張に賛成する」「値上げに関する質問をする」「不利益にならないよう反論する」など、日常的な「場面に即して」「言語表現による課題解決」を求めるものが多くなっています。

一つの文章を読み取って設問に沿った解答を作成する従来型の設問に対し、複数のテクストの読み取り→比較→設問条件の把握→複数の条件に当てはまる解答の作成と、思考のプロセスが増えた活用型の問題だと言えるでしょう。


モデル問題例の分析

国語 モデル問題例1

大学入試センター「大学入学共通テスト(仮称)」
記述式問題のモデル問題例より

国語 モデル問題例1写真を拡大する

国語 モデル問題例1写真を拡大する

国語 モデル問題例2

大学入試センター「大学入学共通テスト(仮称)」
記述式問題のモデル問題例より

国語 モデル問題例2写真を拡大する

国語 モデル問題例2写真を拡大する


2017年6月13日 公開


» 「どう変わる? 大学入試改革 2020年」へ