「高校生のための学びの基礎診断」 国語問題例分析| 株式会社ラーンズ

PICK UP
新型コロナウイルス感染拡大の影響による学校課題と取り組み事例
読み解く!大学入試
ラーンズ主催 研究会情報


教科書供給所の方へ
ラーンズの多文化共生事業

「高校生のための学びの基礎診断」 国語問題例分析

どう変わる? 大学入試改革 2020年

文科省 2020年 大学入試改革
2017年5月16日、文部科学省より「高大接続改革の進捗状況について」が発表され、大学入試センター試験(以下、センター試験)に代わり2020年度(平成32年度)から導入される「大学入学共通テスト(仮称)」(以下、「共通テスト」)について実施方針案が明らかになりました。
そこでラーンズ編集部では、2020年に向けて、どのように大学入試改革が進められていくのか、入試制度改革の要点や傾向をまとめ、先生方に最新の情報をお届けしてまいります。

「高校生のための学びの基礎診断」 国語問題例分析

国語問題例 全体分析
高校生が日常生活のなかで出会う様々なテクストについて、正確な読み取りと、条件に合わせて情報を活用する力が求められていると言えます。

題材は高校生活のなかで生徒自身が出会う、身近で実用的な文章です。

一つのテクストの内容の正確な読み取りと、複数のテクストの情報を突き合わせ、条件に合った情報を選び出す二種類の問いで構成されています。

メッセージ性のある文章、箇条書きの注意事項、観光場所の一覧、話し合いの内容と、様々な種類のテクストについて、正確な読み取りが求められています。


問題例の分析

国語問題例分析

※出典:
「高校生のための学びの基礎診断」検討ワーキング・グループ(第2回) 配付資料
(文部科学省)

国語問題例分析写真を拡大する

国語問題例分析写真を拡大する

国語問題例分析写真を拡大する


2017年09月08日 公開


» 「どう変わる? 大学入試改革 2020年」へ