ラーンズ製作の手帳が山陰中央新報に活用の効果について紹介されました| 株式会社ラーンズ

PICK UP
新型コロナウイルス感染拡大の影響による学校課題と取り組み事例
読み解く!大学入試
ラーンズ主催 研究会情報


教科書供給所の方へ
ラーンズの多文化共生事業

ラーンズ製作の手帳が山陰中央新報に活用の効果について紹介されました

株式会社ラーンズがご提供する高校生向け手帳、「今未来手帳」の学校オリジナル版手帳が山陰地方の新聞「山陰中央新報」2018年3月3日9面(くらし)に掲載されました。

今回取り上げられた「島根県立松江北高等学校」は明治9年、島根県立松江第一高等学校(元島根県立松江中学校)創設に始まる文武両道の名門校です。毎年、難関大学へ多数の合格者を出されながら、ワールドカフェやアクティブラーニングなどにも積極的に取り組んでいらっしゃいます。
ラーンズがご採用いただいた学校へのアンケートの結果をご確認いただき、活用から数か月で、「生活リズムが整うだけでなく、学習時間の増加や日々の予定が意識できるようになり、自主性が見えてきた」との評価を得ています。

掲載された新聞記事はこちらになります。