「大学入試英語成績提供システム」 2020年度の導入が見送りに| 株式会社ラーンズ

PICK UP
新型コロナウイルス感染拡大の影響による学校課題と取り組み事例
読み解く!大学入試
ラーンズ主催 研究会情報


教科書供給所の方へ
ラーンズの多文化共生事業

「大学入試英語成績提供システム」 2020年度の導入が見送りに

読み解く! 大学入試改革 2020年

「大学入試英語成績提供システム」の2020年度導入が見送られることになりました

11月1日、萩⽣⽥⽂部科学⼤⾂から、2020年度の共通テストから導⼊が予定されていた「⼤学⼊試英語成績提供システム」(以下、「成績提供システム」)の導⼊を⾒送ることの発表がありました。「経済的な状況や居住している地域にかかわらず、等しく安心して受けられるようにするためには、更なる時間が必要」との判断によるものです。

大臣メッセージ(英語民間試験について)

「成績提供システム」は、共通テストの枠組みにおいて行われる資格・検定試験(英語認定試験)を活用するためのシステムであり、その導入延期は、共通テストでの英語認定試験の導入延期を意味します。

なお、文部科学省は、大学入試における新たな英語試験については、2024年度に実施する試験から導入することとし、今後一年をかけて検討し、結論を出すこととしています。

ここまでの経緯を振り返るとともに、2020年度入試に向けた今後の留意点を示します。


「成績提供システム」導入までの経緯

  • なぜ英語4技能評価に資格・検定試験を活用するの?

グローバル化が急速に進展する中、英語によるコミュニケーション能力の向上が課題となっています。現行の高等学校学習指導要領では、「聞く」「読む」「話す」「書く」の4技能をバランスよく育成することとされています。大学入学者選抜においても英語4技能を適切に評価する必要があり、共通テストの枠組みにおいて、現に民間事業者等により広く実施され、一定の評価が定着している資格・検定試験を活用し英語4技能評価を推進することが有効と考えられます。

出典:「大学入学共通テスト」について(文部科学省)


  • なぜ資格・検定試験ではなく、共通テストの中で英語4技能を含めた試験は⾏われないの?

⽂部科学省において⼤学⼊試センターが主体となって4技能評価の共通試験を実施することについても検討されましたが、約50万⼈規模で同⼀⽇程⼀⻫実施型試験による共通テストとして「話す」「書く」能⼒を含めた試験を実施するためには、特定⽇に多数の試験監督者や採点者を⽤意する必要がありますが、必要な⼈員の確保は困難であると判断され、⼀定の評価が定着し、年複数回の試験が実施されている資格・検定試験を活⽤することとなりました。

出典:大学入学共通テストに関するFAQ(大学入試センター)


  • 「成績提供システム」とは?

「大学入学共通テスト実施方針」(2017年7月文科省)では、英語4技能評価について「高等学校学習指導要領における英語教育の抜本改革を踏まえ、大学入学者選抜においても『読む』『聞く』『話す』『書く』の4技能を適切に評価するため、共通テストの枠組みにおいて、現に民間事業者等により広く実施され、一定の評価が定着している資格・検定試験を活用する」とされています。これを具体化するための仕組みとして、大学入学者選抜における資格・検定試験の活用を支援するため、大学入試センターに「大学入試英語成績提供システム」が設けられることとなりました。これにより、成績提供システムに参加する資格・検定試験の成績情報(電子データ)をセンターで一元的に集約・管理し、請求のあった受験者の成績を大学に対し提供することになります。

出典:「大学入試英語成績提供システム」の概要(大学入試センター)



今後の留意点
共通テストでの英語認定試験の導入見送りを受けて、 11月8日に国立大学協会は、全国の国立大が個別入試での対応を11月29日に発表すると決めました。2020年度の入試において、受験生が独自に受けた英語の資格・検定試験の成績の、各国立大での活用について明らかになります。
また、私立大学をはじめとして、英語の資格・検定試験を入試で活用することは従来どおり行われるので、今後、各大学からの発表には注意が必要です。

「2021年度大学入学者選抜変更予告」情報まとめ

» 「2021年度大学入学者選抜変更予告」情報まとめ


本情報は、2019年11月12日現在のものです。