今未来手帳 リフレクティブポートフォリオの検証報告| 株式会社ラーンズ

PICK UP
新型コロナウイルス感染拡大の影響による学校課題と取り組み事例
読み解く!大学入試
ラーンズ主催 研究会情報


教科書供給所の方へ
ラーンズの多文化共生事業

今未来手帳 リフレクティブポートフォリオの検証報告

リフレクティブポートフォリオの検証報告

「今未来手帳」におけるリフレクティブポートフォリオの検証報告

株式会社ラーンズより

2019年度版「今未来手帳」は、岡山大学 全学教育・学生支援機構 准教授 中山芳一先生にご監修いただき、「リフレクティブポートフォリオ型教材」として生まれ変わりました。
「あったこと」「思ったこと」を意識して日々の振り返りを記録し続けることで、自分の思いや考えを自分の言葉で表現(外化)する力をつけることができます。この振り返りを続けることで、生徒さんの振り返りの「質」が変わるのかどうかを、岡山市立岡山後楽館高等学校1年生の生徒さんで検証し、その結果を中山先生より、ご報告いただきました。数回に分けてご覧いただきます。

PDF 全ての検証報告レポート(PDF資料)をダウンロードする


岡山市立岡山後楽館高等学校

岡山市立 岡山後楽館高等学校
1999年(平成11年)、公立(市町村立)として日本で最初の中高一貫教育校として新設された。建学の精神として「自主・自律」を掲げ、進路での自己実現に向けて生徒一人一人が異なる時間割を考え、「自分で創る学校生活」を築く。また、生活全般にわたって細かい校則はなく、「社会のルールとマナー」を生徒自らが意識して自立することを目指している。

はじめに

2019年2月現在、岡山市立岡山後楽館高等学校(以下、後楽館高校)1年生の生徒を対象に、当該年度の前期末(9月)及び後期末(2月)にそれぞれの期ごとの学習面、正課外活動面、(自宅等での)生活面の振り返りを行った。この振り返り実施日に出席できており、両期末共に振り返りも記入ができている(前期と後期の比較を行うことが可能な)生徒は110名。さらに、この前期と後期の振り返りについて、振り返りの分量や記述されている内容(特には、自身の内面について記録されているかを重視)を比較した。

その結果、前期と後期共に大きな変化はなかったが、いずれも分量や内容が充実していると判断できた生徒が31名、分量や内容に大きな変化が見られ、後期の方が明らかに充実していた生徒が29名いることがわかった。

そこで、当該校の協力を得て、上述した変化が見られた生徒の出席番号から個人を割り当て、その中から3名(男子2名、女子1名)を選出してもらい、インタビュー調査を行うことができた。以下は、そのインタビュー調査での様子と考察である。


検証報告レポート(PDF資料)

「今未来手帳」におけるリフレクティブポートフォリオの検証報告
公開日 レポート内容
2019年12月04日 (1)はじめに
2019年12月11日 (2)インタビュー調査の場面にて 1
2019年12月18日 (3)インタビュー調査の場面にて 2
2019年12月25日 (4)A子さんの成長
2020年01月08日 (5)B男さんの成長
2020年01月15日 (6)C男さんの成長
2020年01月22日 (7)インタビュー調査からの考察
2020年01月29日 (8)おわりに
(9)編集後記
2020年04月01日 (追補)「学力テストで測れない非認知能力が子どもを伸ばす」
 第Ⅳ章 非認知能力を育てるための実践例-大人たちの挑戦-より抜粋
  <著者:中山芳一/発行:東京書籍>


2020年04月01日 更新



高校生向けの手帳「今未来手帳」(いまみらい手帳)

» 高校生向けの手帳「今未来手帳」(いまみらい手帳)を購入する