Learn-S 指導事例【国語】オンライン指導の方法で授業の効率を上げ、生徒の関与も高めた

PICK UP
新型コロナウイルス感染拡大の影響による学校課題と取り組み事例
読み解く!大学入試
ラーンズ主催 研究会情報


教科書供給所の方へ
ラーンズの多文化共生事業
Learn-S 指導事例 コロナ禍での新たな取り組みと生徒の学び

Learn-S 指導事例 vol.002

毎回、各教科のスペシャリストを招いて、対談やインタビュー形式で、各校の指導事例や先生方の熱い声をお届けする、ラーンズの連載企画「Learn-S 指導事例」。

今回は、コロナ禍での休校や分散登校でも指導方法を工夫され、授業進度や生徒の学力定着において手ごたえを得られている先生方に取材させていただき、実践事例としておまとめしました。


コロナ禍での新たな取り組みと生徒の学び
高校1年生 国語
九州・沖縄地区 K高等学校 W先生
【学校情報】
公立・普通科、1学年約250名、おもな進路状況:国公立大 93名/生徒数の37%

01. 具体的な取り組みとその背景

ラーンズ編集部
今回、新たな取り組みに至った背景を教えてください。
W先生
コロナの影響で授業進度が遅れ、「かたちを変えないと取り戻せない」という危機感から、授業の在り方を考えました。
ラーンズ編集部
具体的な取り組みの内容を教えてください。
W先生
オンライン指導の方法で授業の効率を上げ、生徒の関与も高めました。
一つめは、今まで板書していたことを教室のモニターで投影し、配布しました。投影資料は、縦書きに向いているプレゼンソフトを用いて、4時間程度で作成しています。また、授業で用いた投影資料はPDFにして配信しました。

※実際に投影・配信された資料。

二つめは、目的に応じたデジタルツールの活用をしました。生徒はおもにスマホ(デバイスのない生徒には学校から貸し出し)で確認しています。生徒の自学では、類語検索やQRコードを利用しています。また、文法の指導など難しい事項は、オンライン会議システムを活用して対面指導しています。

三つめは、オンラインのアンケート集計ツールを用いて、双方向の記述指導を行っています。生徒全員に記述式問題の解答を入力して提出させていますが、オンラインなので、先生も生徒も時間と場所によらず、提出・確認ができています。記述指導では、正解を示すと生徒はそこで思考が止まってしまうので、正解の要素・方向性は示しますが、正解は示さないようにしています。

※オンラインのアンケート集計ツールで回収した生徒の記述答案。

02. おもな成果

ラーンズ編集部
現在までに、どのような成果を感じられていますか。
W先生
授業で板書する時間、書き写す時間がなくなった分、授業で生徒が関わる時間が増えたと思います。また、大講義室での一斉指導が可能になりました。校内事情で1学年すべての国語の授業を持つことになったので、70名を大講義室で一度に指導しています。板書だと黒板が見えない後席の生徒でも授業に集中できていますね。

記述指導においては、これまでの板書では、生徒2名が答案を黒板に書き、それを添削指導していたのが、数分で集計できるツールの活用で、生徒全員の答案指導が可能になりました。 生徒からも「自分の答えを先生に見てもらえるのがよい」と聞いています。

さらに、答案提出~共有~更新という、生徒どうしの学び合いの仕組みができたと感じています。生徒は自分以外の答案(名前を伏せた答案一覧)を確認できるので、さまざまな答えから、自分の答案を更新できるようになりました。更新版を提出させ、それを添削指導しています。

03. 今後の指導プラン

ラーンズ編集部
今後のご指導プランを教えてください。
W先生
授業改善によりコロナ禍でも例年と変わらない進度を保てましたが、まだ模試結果など目に見える成果には繋がっていません。これは、学び方の基礎が不十分な状態で授業進度を上げたことと、学力の多層化が進んでいることが原因だと考えています。ただし、授業の方法には手ごたえを得ていますので、11月模試に向けて、まずは中位層の学力を伸ばし、それに続く層の底上げをしていきたいです。

編集後記

営業企画
下山

これまでも教員研修などでは若干オンラインツールを活用されていたそうですが、授業での本格的な活用は、コロナによる休校が大きなきっかけになったとお聞かせいただきました。W先生、ありがとうございました。

ラーンズ編集部から
11月模試に向けては、「進研WINSTEP短期集中vol.2」がおすすめです。「進研WINSTEP短期集中」は、短期間で基礎事項が整理でき、定着しやすくなるようなステップに編成しています。また、模試の過去問題を掲載していますので、力試しに最適です。さらに、模試実施結果データに基づく偏差値・GTZ表示により、今の自分の到達度を確認していただけます。

PDF資料をダウンロード


2020年9月 取材
2020年10月9日 公開

おすすめの問題集