Learn-S 指導事例【英語】生徒自らが課題に気づき、各々が課題克服に向けて取り組む

PICK UP
新型コロナウイルス感染拡大の影響による学校課題と取り組み事例
読み解く!大学入試
ラーンズ主催 研究会情報


教科書供給所の方へ
ラーンズの多文化共生事業
Learn-S 指導事例【英語】アプリの活用で生徒個々の課題を克服

Learn-S 指導事例 vol.010

毎回、各教科のスペシャリストを招いて、対談やインタビュー形式で、各校の指導事例や先生方の熱い声をお届けする、ラーンズの連載企画「Learn-S 指導事例」。

今回は、コロナ禍での休校や分散登校でも指導方法を工夫され、授業進度や生徒の学力定着において手ごたえを得られている先生方に取材させていただき、実践事例としておまとめしました。


コロナ禍での新たな取り組みと生徒の学び
高校3年生 英語 リスニング
岡山県立岡山芳泉高等学校 田野 雅人先生
【学校情報】
普通科、単位制、1学年320名、おもな進路状況:国公立大 約240名(うち難関国立大 21名)

田野 雅人先生
岡山県立岡山芳泉高等学校 教諭、進路指導主事。
教職歴23年、同校に赴任して4年目。現在は進路指導主事と英語科主任を担当している。新入試1期生となる学年を受け持ち、意欲的な試みに多く取り組んでいる。

01. 具体的な取り組みとその背景

ラーンズ編集部
今回、新たな取り組みに至った背景を教えてください。
田野先生
限られた時間で密度の濃い指導にするために、生徒自身に弱点を気づかせて、自ら克服していくようにするなど、いかに「生徒自らの学び」を促すかを考えました。
ラーンズ編集部
具体的な取り組みの内容を教えてください。
田野先生
生徒自らが課題に気づき、各々が課題克服に向けて取り組めるように、まずは、「自学のしやすさ」を最優先に、リスニング教材(問題集)の選定を行いました。

教材選定の際には、各社のアプリも比較しました。家庭・授業での使用を考えて、パスワード不要、オフラインでも使えるアプリを優先しました。都度ネット接続を行う方式や、課金制のものだと、ダウンロードしない生徒が出て、環境に差が生じることを懸念しています。スライダー(巻き戻し)、3秒戻し・早送りの有無、音声スピードを変えてもノイズが入らずきちんと音声が聞こえるかも確認しました。

また、自学で問題集に取り組んだ後は、新たに購入したマークリーダーを用いて正解率をデータ化し、全体の集計結果から、客観的な自分の立ち位置を把握させた上で、プリントで「振り返りシート」を提出させ、自分の苦手がどこなのかを言葉にさせるようにしました。

※演習後の振り返りシート。

02. おもな成果

ラーンズ編集部
現在までに、どのような成果を感じられていますか。
田野先生
一つは、「振り返りシート」による生徒とのコミュニケーションですね。教員側が生徒の課題や学習方法を指摘するのではなく、生徒が自分で出した方向性にアドバイスを出しています。生徒自身が振り返りシートでの気付き(自分の課題)に対して試行錯誤することで、各個人に適した学習ができるようになりました。

また、生徒個別の課題に対してケアできるようになったと感じています。全体指導では行き届かなかった、「1回読みができない」「単語が聞き取れない」「メモが取れない」といった、生徒個々の課題に対して、生徒が問題集の演習箇所・方法を自分で決め、アプリを活用することで、弱点潰しとのための個別学習が行えています。さらに、30分テスト形式の「全体」と設問別の「部分」を使い分け、効率よく実力を伸ばしていると思います。

03. 今後の指導プラン

ラーンズ編集部
今後のご指導プランを教えてください。
田野先生
文章量の多い共通テストに向けた読解スピードのアップを目指しています。具体的には、テストでリスニング演習のスクリプトを使って出題するなどしながら、「リスニングと同じスピードで読む体感」を与えていくことを考えています。また、高得点層は、図表や複数資料などの複雑な操作を要求する問題や、音声的に聞きにくい箇所の練習など、完成度を高めてく予定です。

編集後記

営業企画
守安

最初に、「生徒が自学しやすい」という観点で教材を選定されているからこそ、その後の自学の幅が拡がっていることに気が付きました。「指示を出す」のではなく「相談に乗る」というコミュニケーションの大切さも感じました。田野先生、ありがとうございました。

ラーンズ編集部から
リスニングの共通テスト対策には、「共通テスト対策【実力完成】直前演習」がおすすめです。全問新規のオリジナル予想問題集で、2018年11月に行われた2回目の試行調査の問題に、音声の語数・速度、ポーズなどすべて準拠しています。スマートフォンアプリのLearn-S Plusもご用意しています。また、生徒がマークした解答用紙をスキャンし、「読み取りツール」と「集計ツール」をお使いいただくことで、採点から集計までを自動で行えます。

PDF資料をダウンロード


2020年9月 取材
2020年10月9日 公開

おすすめの問題集