令和3年度大学入学者選抜に係る大学入学共通テスト実施案内

PICK UP
新型コロナウイルス感染拡大の影響による学校課題と取り組み事例
読み解く!大学入試
ラーンズ主催 研究会情報


教科書供給所の方へ
ラーンズの多文化共生事業

令和3年度大学入学者選抜に係る大学入学共通テスト実施案内


読み解く!大学入試

2020年7月22日に大学入試センターから「令和3年度大学入学者選抜に係る大学入学共通テスト実施案内」が発表されました(受験案内の紙の配布は、9月1日(火)から)。また、2020年7月31日には「志願票及び訂正届の取りまとめ方法」が公表されております。試験実施期日の選択、「志願票総括表」など、例年とは異なる運用が必要となります。

これまでの大学入試センター試験からの主な変更点

変更点(1)
思考力、判断力、表現力を発揮して解くことが求められる問題の重視。


変更点(2)
「数学1」の試験時間の変更:60分→70分。


変更点(3)
「理科2」の出題方法:選択問題については設定しない。


変更点(4)
「英語」の出題方法等:名称が「英語(筆記)」→「英語(リーディング)」に変わる。
・「発音・アクセント・語句整序など」を単独で問う問題は出題はなし。
・英語表記は、アメリカ英語に加えて、場面設定によってイギリス英語を使用することがある。


変更点(5)
「英語」の配点変更:(リーディング)200点→100点/リスニング50点→100点。
・各大学のリーディングとリスニングの成績の利用方法は、大学によるので確認が必要。


変更点(6)
「英語(リスニング)」の問題音声:聞き取る英語の音声を2回流す問題と、1回流す問題。

※2回目の試行調査では第3問の音声を流す回数は2回でした。

これを受けて、ラーンズは、「2021共通テスト対策【実力完成】直前演習 英語リスニング」「2021共通テスト対策【実力完成】プレパック」をご採用の学校様向けに、第3問の1回読み音声をダウンロードでご提供しております。


変更点(7)
「段階表示」の大学への提供

その他の変更点

入試区分の名称について

「一般入試」→「一般選抜」
「AO入試」→「総合型選抜」
「推薦入試」→「学校推薦型選抜」

新型コロナウイルス感染症対策に伴う変更点

(1)試験実施期日
共通テスト(1):2021年1月16日(土)及び17日(日)
共通テスト(2):2021年1月30日(土)及び31日(日)※
※出願資格に該当する者で2021年3月に卒業(修了)見込みの者のうち、新型コロナウイルス感染症の影響に伴う学業の遅れのため当該日程で受験することが適当であると在学する学校長に認められたものを対象。

「第1日程」の希望者は約43万1,000人、「第2日程」は約3万2,000人(2020年7月31日時点)。

(2)共通テスト(1)の追試験
2021年1月30日(土)及び31日(日) 試験場は全都道府県に設定。

(3)共通テスト(2)の追試験(特例追試験)
2021年2月13日(土)及び14日(日) 試験場は原則として全国を2地区に分け、地区ごとに1か所を設定。

※共通テスト(1)の追試験の追試験はありません。

試験期日・試験時間割

共通テストの時間割は、数学1が10分延びる以外は 、センター試験と同様です。

試験実施期日の選択に当たっての留意点

各志願者の試験実施期日の選択については、各志願者が記入する「志願票」ではなく、「志願票総括表」によって申し出ることになります。

※出願期間内であれば、志願票の追加提出は可能です。その際は志願票総括表の新たな作成が必要です。

スケジュール

2020年08月07日 公開