Vol.8 訪問のマナー|マナー講座|株式会社ラーンズ| 株式会社ラーンズ

PICK UP
新型コロナウイルス感染拡大の影響による学校課題と取り組み事例
読み解く!大学入試
ラーンズ主催 研究会情報


教科書供給所の方へ
ラーンズの多文化共生事業

Vol.8 訪問のマナー|マナー講座|株式会社ラーンズ

ラーンズのマナー講座

訪問のマナー

マナー講座「訪問のマナー」

中川 公美子
株式会社ラーンズ 経営革新室所属。
秘書経験を活かし、現在、数多くの企業や大学,高校,中学校にて,マナー講師として活躍。秘書技能検定をはじめとして,サービス接遇実務検定,ビジネス実務マナー実技検定,ビジネス文書検定等,さまざま資格を持つ,まさに「ビジネスマナー」における第一人者。
中国地方を中心に,講演や研修活動,各団体でマナー講師として活躍中。

 明けましておめでとうございます。
 今年もラーンズのサイトにお越しくださりありがとうございます。新年最初は、「訪問のマナー」についてお伝えしたいと思います。

 面会のお約束をいただくときは、日時に間違いのないよう、確認をとりましょう。「1月15日の水曜日、13時、午後1時にお伺いいたします。」というように、日にちに曜日を加える、時間を2通りで伝えると行き違いが少なくなりますね。

 訪問先には5分前には到着するよう、余裕を持って出発します。ただし、プライベートでご自宅を訪問するときは、少し遅れて到着するように気遣えるといいでしょう。自宅でお客さまを迎えるときは、お掃除をしたりお茶の準備を整えたりとなにかと慌ただしいものです。それを配慮するという意味です。

 寒い時期に着ているコート類は、玄関に入る前に脱ぎ、手に持つようにします。受付で会社名、名前を名乗り(名刺があれば渡します)、何時に誰と面会の約束をしているかを伝えます。

 面会の場所に通され、促されたら椅子に座ります。基本的には上座を勧められるはずですが、2番目くらいのところに座るといいですね。カバンはソファーには置きません。必ず床に置きましょう。また、「おかけになってお待ちください」と言われたからといって、ソファーにどんとくつろいで座らないよう、気をつけてください。相手が入室されたとき、さっと立ってご挨拶するためです。

 お茶を出されたら、相手の方が口をつけるか、もしくは、「どうぞ」と勧められるまで飲んではいけないとされています。暑い夏に冷たいお茶を出されたけれど、勧められないので、お茶が飲めず辛かった…という思いをされた方、少なくないのではないでしょうか。また、お茶の話題になるといつも思い出すエピソードをもうひとつ。秘書をしていたころ、ある著名な方から上司に面会のご依頼がありました。30分ほどの面会がすみ、上司とお見送りするとき、上司への面会のお礼のあと、その方が秘書である私にしっかり向き合って、「たいへんおいしいお茶でした。ごちそうさまでした。」と言ってくださったのです。どんなに嬉しかったか、ご想像いただけるかと思います。それから、自分がお客さまをお迎えしたときは意識してお茶に口をつけ、訪問時にお茶を出していただいたら、必ず「おいしいお茶でした、ごちそうさまでした。」と言うようにしています。

 訪問するほうもお迎えするほうも、「自分が経験した嬉しいことを逆の立場で行う」こんな簡単なことから、気持ちのよい人間関係が生まれるのだと思います。


PDF生徒配布用「マナー講座 Vol.8」資料をダウンロード(PDF:118kb)