共通テスト対策【実力養成】シリーズ 国語

PICK UP
ラーンズ主催 研究会情報
ラーンズコネクト
Web会員限定コンテンツ


教科書供給所の方へ
ラーンズの多文化共生事業

こだわり検索

教科で絞り込む

学年で絞り込む

シリーズで絞り込む

国語


この問題集の特長

共通テストで求められる力の育成を
共通テスト対策【実力養成】シリーズ 2023年度版 国語
『共通テスト対策【実力養成】シリーズ』(国語)
『共通テスト対策【実力養成】シリーズ』(国語)は、大学入試をめざす生徒のための共通テスト対策問題集です。共通テストの問題作成方針、および2021共通テストで見られた教科共通の出題のかたちを踏まえて、分野別に基礎の定着をはかり、共通テストで求められる思考力・判断力・表現力の土台を養成します。
共通テストでは、センター試験における良問の蓄積を受け継ぎつつ、問いたい力を明確にした出題がなされます。また、知識の理解の質を問う問題や、思考力・判断力・表現力を発揮して解くことが求められる問題が重視されます。教科書中心の学習から実践的な演習に移行する時期に分野別・体系的に演習することによって、共通テストに対応できる実力を着実に養成することを目的としています。
学習内容の総復習
幅広い範囲から出題される共通テストに対応できるように網羅性を意識して問題を掲載。共通テスト対策の早期の段階で、今までに学習した内容を総復習し、知識を整理しておけば、応用力UPにもつながります。
分野別・テーマ別の一冊
各分野やテーマによって異なる問題への取り組み方を身につけられるよう、問題・解答解説・付録で様々な工夫をしています。弱点分野を見つけ、早めに補強することで、全体的な得点UPにつながります。
共通テストを徹底的に分析
共通テスト問題作成方針、および共通テストの徹底的な分析に基づいて編集しています。分野ごとの共通テスト形式の演習で、本番直前の実戦形式の演習にスムーズに移行できます。
早期にご採用いただいても、安心してご活用いただくために、2022共通テスト実施後の付録提供サービスをいたします!

2023年度版『共通テスト対策【実力養成】重要問題演習』は、2021年度実施共通テストの分析に基づいて制作しています。早期にご採用いただいた学校様に安心してご活用いただけるように、2022年度共通テスト実施を受けて、共通テスト分析記事と、必要に応じて、特徴的な出題に対応した追加コンテンツとその解答解説等をご提供する予定です。

 見本請求・購入する 

こんな高校の先生方に

  • 共通テストに向けて、生徒に学習内容の総復習をさせたい先生。
  • 分野別・テーマ別のアプローチ方法を生徒に身につけさせたい先生。
  • 共通テストの傾向に合った問題集で演習させたい先生。

見本請求

見本は無料でお届けします

問題集の見本を学校にお届けいたします。取り寄せたい問題集の商品ページから「見本請求(無料)」をクリックしてください。もちろん送料などもかかりませんので、お気軽にご請求ください。

※見本請求には、会員登録(無料)が必要となります。

詳細

共通テスト問題作成の方針

■題材
近代以降の文章(論理的な文章、文学的な文章、実用的な文章)、古典(古文、漢文)。大問ごとに一つの題材で問題を作成するだけでなく、異なる種類や分野の文章などを組み合わせた、複数の題材による問題を含めて検討。

■言語活動の過程を重視
A 言語を手がかりとしながら、与えられた情報を多面的・多角的な視点から解釈すること。
B 目的や場面などに応じて文章を書いたりすること。

共通テストで求められる国語の力

素材・形式対応力
言語を手がかりとして、情報を解釈し、目的や場面などに応じた文章を書く。

思考力・判断力・表現力
テクストの部分を把握、精査・解釈して解答する。
テクストの全体を把握、精査・解釈して解答する。
テクストの精査・解釈に基づく考えを解答する。

知識・技能
言葉の特徴や使い方に関する知識・技能。
情報の扱い方に関する知識・技能。
我が国の言語文化に関する知識・技能。

求められる力をどのように養成するか

知識・技能を確実に定着させる
共通テストでは、単に知識の有無を確認することだけでなく、知識を活用する力が問われます。さまざまな設問形式によって演習することで、どのような問われ方にも対応できる力を身につけます。

思考力・判断力・表現力を段階的に養成
複数テクストの情報の統合や図表の理解など、センター試験では問われてこなかった問題に対応する力を養成します。

 見本請求・購入する 

共通テストで問われる思考力を早期から養成

知識や経験によらない思考力・判断力・表現力を育成

2年3学期は『3年0学期』ともよく言われています。
2年生の冬休みから少しずつ取り組んで入試への意識を高め、ひとつ上の学年の共通テスト実施日を迎えることで、入試を「目標をかなえるために乗り越えるべきもの」と認識するようになります。

様々な形式に対応するために、対策は2年冬休みから。共通テスト対策に早すぎることはありません。ぜひ、『共通テスト対策【実力養成】シリーズ』で最高のスタートダッシュを!

難関国公立大学合格を目指す、記述式問題演習の必要性が高い生徒に

2023 共通テスト対策【実力養成】重要問題演習 現代文/古典

2年生冬休み以降の自学課題として
冬休み、マーク模試前後、春休み用の課題として解答・解説とともに生徒に配付。また、必要に応じて古文全品詞分解も配付(※全品詞分解は、各大問の解説にある二次元コードからも見ることができます)。

定着に向けて
教師用付録の「補充問題」を用いて確認テストを実施。
本冊の問題とは別の設問(記述式含む)に取り組ませることで、学びを深めることができます。

もっと伝えたい!
授業や講習では記述演習に寄り添う必要があるけれど、共通テストで足元をすくわれたくない、早いうちから共通テストで確実に得点できるようにしておきたい、とお考えの先生におすすめの活用方法です。ラーンズの「重要問題演習」シリーズは自学自習で完結できるよう、解答・解説では本文と設問、選択肢を再掲載。設問ごとに解き方の手順「こう解く!」を示し、正解へ至る思考を解説しています。また、視覚的なわかりやすさを追求しています。

大学入試を見据え、幅広いテーマやジャンルの演習が必要な生徒に

2023 共通テスト対策【実力養成】重要問題演習 現代文/古典

2年生12月の考査明け以降の週末課題や休暇課題として
毎週1大問ずつ週末課題として設定。週明けに100字要約(現代文)、文法・句法の確認(古典)等、確認テストを実施し、解答を配布。

定着に向けて
共通テスト対策導入期に最適な、正解・誤答の根拠を余すところなく掲載し、かつ「解き方」の「手順」を視覚的に示した解答解説により、疑問を残すことなく実力を高められます
また、教師用付録の「補充問題」や「自習プリント」を用い、本文の内容を十分に理解できているのか確認することも可能です。

もっと伝えたい!
「解いておしまい。」とならないよう、ラーンズでは演習前後にお使いいただける教師用付録を多数ご用意しております。本文中の重要語句や文法・句法を確認できるプリント(古典)や、本文の流れをまとめるプリント(現代文)など理解を深めるための付録はもちろんのこと、本文や設問のテキストデータや、本冊の問題とは別の問題を全大問分収録した「補充問題」もご用意しています。学びのPDCAをまわしながら最終学年へと進むことができます。

国語が苦手で、選択肢を「なんとなく」で選んでしまう生徒に

2023 共通テスト対策【実力養成】重要問題演習 現代文/古典

2年生11月~1月の授業や補講で
授業の前半で1大問を解き、残りの時間で解説(評論、小説、古文、漢文をそれぞれ週1大問ずつ進めると、3か月で完成)。解答・解説は、最初は生徒に渡さず、一通りの学習が終了した時点で、復習用として配付(解答バラ版をお使いの場合は、終了した大問から都度配付することも可能です)。共通テスト型の出題に慣れてから1月の共通テスト本試験や2年生2月マーク模試にチャレンジでき、入試への意識を高めることができます。

定着に向けて
教師用付録の「学習サポートプリント」を用い、「なぜその選択肢を選んだのか?」を表現させ、根拠をもって解答する習慣をつけさせます

もっと伝えたい!
解答の根拠とした表現や解答に至る過程を書き込める「学習サポートプリント」を、教師用付録としてご用意しています。記述対策としてもお役立ていただけます。

表示方法:
ピックアップ
詳細一覧
一括購入
5件あります
5件あります