• 株式会社ラーンズ
  • ラーンズリポート Vol.4「新課程における世界史の指導について」 第一回「世界史学習へのレディネス不足と知的好奇心の縮小に対する指導法」

特別対談「新課程における世界史の指導について」

※2014年4月より東洋大学附属姫路中学校・高等学校。

ラーンズリポート特別談話 Vol.4「新課程における世界史の指導について」

東洋大学附属姫路中学校・高等学校 黒河 潤二
兵庫県立長田高等学校で進路指導部,親和中学校・親和女子高等学校で進路指導部長・教務部長を歴任。2013年より東洋大学附属姫路中学校・高等学校に勤務し、現在は中高一貫コース主任を務める。モットーは「停滞は後退,つねに進化する授業づくり」。なお,進研「WINSTEP世界史B」のご執筆・監修にも携わる。


※この記事は2014年1月に掲載されたもので,「新課程」とは,2014年4月から実施されている「現行課程」を指しています。


第一回:世界史学習へのレディネス不足と知的好奇心の縮小に対する指導法

世界史を学習する生徒の現状について教えてください。

黒河
 一番感じていることは,今の生徒は,中学校から日本史中心の学習をしてきたために,世界史学習へのレディネスが不足しているように思います。


レディネスですか?


東洋大学附属姫路中学校・高等学校 黒河 潤二

黒河
 そうです。
 レディネスとは,生徒の興味・関心・知識など,その教科・科目を学習する際の準備のことですが,それが以前より不足している印象があります。加えて,ある程度以上の学力が身についていないと,世界史の内容が覚えられない状況がより顕著になっていると思います。世の中に手軽に覚える方法が氾濫しているせいか,生徒たちは繰り返して覚えるような粘り強い勉強ができなくなっているのではないでしょうか。そのような状況のなかで,レディネスの不足している世界史まで手が回らない。だから,高1で世界史を学習すると,古代ギリシア・ローマあたりでカタカナがダーッと出てきて,そこで世界史を学習することをあきらめてしまう生徒が多くなってしまうのです。


先生と以前お話しさせていただいた時に,「生徒の知的好奇心を刺激したい」とおっしゃられていました。「デジタル」の活用において,生徒が使っているスマートフォンなどはそのツールとならないでしょうか?


東洋大学附属姫路中学校・高等学校 黒河 潤二

黒河
 生徒たちは学習指導要領の年間標準時間と同じくらいの時間,スマートフォン(以下スマホ)や携帯電話(以下ケータイ)をいじっています。しかし,スマホやケータイをいじることで生徒たちの知的好奇心が広がっているかというと,そうとはいえず,逆に生徒の勉強時間確保の妨げとなっているように思います。なぜなら,スマホやケータイはコミュニケーション手段であるとともに,彼らにとってはゲーム機でもあるからです。スマホやケータイ,パソコンがここまで普及しておらず,生徒がいま以上にテレビをよく見ていた時代だったら,番組と番組の間にはニュースがあったりして世界がまだ広がっていたんです。ところがスマホやパソコンでは自分の見たいものしか見ません。だから知的好奇心の広がりにつながらないのです。どのようにして生徒たちの知的好奇心を広げ,世界史学習者のすそ野を広げていくのか,これが一番大きな課題だと受け止めています。


レディネス不足への対応として,先生はどのような学習指導を生徒にされているのでしょう?


黒河
 私が副担任をしている特進クラスでは,1年次の夏休みやホームルームの時間に「天声人語」の書き写しをしました。まずは集中力を上げて,文章を読む力をつけさせようという目的です。そして,書き写すといった作業から,一緒に読み合わせて「これ,どういう意味やねん」といった対話をしています。中学校との接続も真剣に考えなければいけません。中高一貫の教員は当然中学の教科書を見ていると思います。しかし,なかには中学でどの程度世界史の内容を学習しているのかを知らずに,世界史の授業をなさっている高校の先生もおられるように聞きます。中学の教科書の中にある世界史の部分を高校の世界史とどうつなげていくのか?そこを意識しながらうまくやっていけば,中学から高校にスムーズに入っていけると思うんです。勤務校にも今度中学校ができますが,私たちがまずできるのはこうした工夫ではないでしょうか。




「教科書学習の完成」と「入試基礎力の養成」はこれで決まり!進研WINSTEP
進研WINSTEP


生徒の知的好奇心を広げることについては,いかがですか?

黒河
 生徒たちの知的好奇心を広げるためにできることは,まずはテレビ番組を見せることかな。私の場合,例えばNHKの『シリーズ世界遺産100』,TBS系列の『THE世界遺産』といった番組を,授業中に何分かだけでも見せています。「今,教科書で学んでいるのはこういう世界なんだ」ということを印象づけるためです。ふだんから動画サイトを楽しんでいる生徒たちに静止画のパネルだけ見せても「引き」がないですから。これを毎時間やっています。「こんな人がいました」「こんな民族が活躍しました」「こんな戦争がありました」と口頭で説明しても生徒は理解しにくいと思うんです。私たちの教材研究に欠かせない要素の一つは,リアリティをもって生徒たちに教えることのできる映像を見つけることではないでしょうか。アレクサンドロスという人物がどうやって軍事的勝利を収めたのか,どうやって民族融合を進めたのか,映画『アレキサンダー』を見せると結構わかりますよ。あるいはハンニバルの戦いが「歴史的大勝利」とされる理由については,イギリスBBCのドラマ『ハンニバル』のビデオの一部を見せれば10分ぐらいで理解できます。そして,ノートやプリントといった「王道」と映像とを組み合わせながら,世界史の舞台を少しでも印象づけながら授業を進めていくことで,生徒にとって効果的な学習方法を提供できると思っています。

少し話は変わるのですが、近現代から授業を行う学校もあります。近現代先修についてはどう思われますか?


東洋大学附属姫路中学校・高等学校 黒河 潤二

黒河
 生徒の知的好奇心をくすぐるという観点でいえば,古代からの履修にこだわらなくてもよいと思いますね。高校世界史の冒頭は,考古学・地質学です。アウストラロピテクスだの,トゥーマイだのラミダスだのを取り上げても,理解ができず面白くないと感じる生徒も少なくないと思います。それからギリシア・ローマでわけのわからない(!?)人名が山ほど出てきて,そこでつまずいてしまうわけですから…。それならば近現代,例えば中学校でルネサンス・大航海あたりをしっかりやっているのであれば,そこから始めるのもありでしょう。ルネサンス期のミケランジェロやレオナルド=ダ=ヴィンチは,絵を見せてより興味を惹きつけることができますし,話を聞いていても面白い。あるいは「世界史A」の教科書でフランス革命あたりから始めることも考えられますが,革命前の政治についての知識がないまま,いきなり革命が起こっても,なかなか理解できないでしょう。世界史の面白さという意味では,各教科書の冒頭「世界史への扉」の部分をどう教えるかも大事ですが,「扉」をどれだけやさしく教えようとしても,おそらく一定以上の学力層しか理解できないのではないでしょうか。


とはいえ,近現代先修の高校はまだまだ少ないようですね。


黒河
 そうですね。近現代先修がなかなか実現しないのは,進学校であれば模擬試験の出題範囲などの制約があるからです。それでも,近現代から始めて現代までダーッと通して学ばせた後,世界史で受験すると決めた生徒に改めて古代から学ばせれば,ずいぶん効果が上がるのではないでしょうか。世界史の教師は,ヨーロッパ文化の基礎であるギリシア・ローマを先にやっておかなければ,と考えがちです。しかし,今はヨーロッパ中心史観が崩れていますから,必ずしもギリシア・ローマを先にやる必要はないと思います。

黒河
 前近代の世界にも、英雄というにふさわしい魅力ある人物がたくさん登場します。ギリシアから東方遠征をおこなったアレクサンドロス、ローマのカエサル、諸葛孔明に代表される『三国志』の英雄たち…。でも、これまでお話ししたように,世界史のレディネスが十分でないほとんどの生徒たちは、自分たちから遠く離れた前近代の世界史にはなかなか興味をもてないようです。そんな生徒のひとりの様子をある日の授業中にふと見たら,資料集の現代史のページに掲載されている人物の記事を興味深そうに見ているんです。やっぱり,自分たちの時代に近いことや自分がある程度知っていることをもっと学びたいんだなと。近現代先修はまだ実現していませんが,機会があればぜひ実行したいと思っています。



「教科書学習の完成」と「入試基礎力の養成」はこれで決まり!進研WINSTEP
進研WINSTEP


この度は,ラーンズリポートをご覧いただきありがとうございました。
黒河先生へのメッセージをお待ちしております。
今後こんな情報発信をしてほしい等のご要望もあわせてお待ちしております。
 黒河先生へメッセージを送る

ページトップへ
SSL GMOグローバルサインのサイトシール ISO27001
IS538539 / ISO 27001:2013
ラーンズではISMSの国際標準規格「ISO27001」を取得。情報資産を適切、安全に保護するため、情報セキュリティ向上に努めております。
えるぼし認定企業
ラーンズでは、えるぼし3段階を取得。女性の活躍推進法に基づき、取り組みの優良企業として厚生労働大臣の認定を受けています。