国公立大の日本史攻略ポイント


日本史:国公立大の日本史攻略ポイント

日本史:国公立大の日本史攻略ポイント

出題概要

国公立大入試の日本史では,出題形式では論述形式が約4割を占め,文献資料やグラフ・写真など多様な出題がみられます。教科書レベルの知識を前提として,歴史事象の内容・背景・影響の説明や歴史的考察力を求めるもので,センター試験から一歩踏み込んで,「背景」及び「原因」と「結果」という視点できちんと歴史事象をとらえておくことが重要です。
ブロック大+(プラス)の出題概要

合格点をとるために培っておかなければならない学力・技能は,「歴史的な理解と考察をする力」と「史資料読解の技能」の2点です。歴史の流れを把握した上で,歴史事象を正確かつ総合的に理解しているかどうか,さらに歴史事象の理解をベースにした上で,史資料の正確な読み取りができるかどうかが,合否を分けるポイントになります。歴史事象をさまざまな観点から総合的にとらえる力や史資料読解力を養成しておく必要があります。


出題傾向と求められる力

歴史的な理解に基づき考察する力

国公立大学の個別試験では,教科書レベルの基本事項の習得を前提として,さまざまな観点から歴史事象の正確な理解や考察をする力を求める出題が多くみられます。特に,出題の約4割を占める論述問題の場合は,歴史的事象の影響や意義を,その背景とともに把握して,出題の意図に沿って正確に自分の言葉で説明する力が求められているといえます。


歴史的事象の影響や意義の理解を問う問題
歴史の影響をふまえて考察する問題では,歴史事象と歴史事象の因果関係など,歴史への深い理解と洞察力が求められています。世界情勢が日本に与えた影響や,政治が経済・文化に与えた影響など,広い視野に立った歴史的理解力が試されます。

攻略ポイント
まずはその歴史事象がどのような影響を与えたかを列挙してみることが大切です。そして,設問の意図と照らしあわせて取捨選択し,政治的な影響だけでいいのか,経済的・文化的な影響も書く必要があるのかを考えて解答する必要があります。 
ピックアップ
大阪大学 T (W)
この問題は,明治政府による神道国教化策の内容と,それが社会にどのような影響を与えたかを説明する問題です。明治政府が神道を国教とした理由について述べるとともに,神道国教化策の内容について具体的に示し、それに伴い発生した廃仏毀釈に言及する必要がありました。神道国教化の内容を説明する際に、神仏分離令や大教宣布の詔は想起しやすいですが、皇祖伸を祀る伊勢神宮を頂点とする神社制度の整備や皇室関連の祝祭日の設定にもふれられるかがポイントでした。
東京大学  第1問
この問題は,指定語句(官僚制,条坊制,大王宮,大極殿)を用いて,律令制の成立過程における藤原京の歴史的意義に触れながら,それまでの大王の王宮と比べて,藤原京ではどのような変化が起きたのか説明する問題です。それまでの一代ごとの大王宮とのちがいや,律令制に基づく政治を進めるうえで求められた宮都の姿について述べる必要がありました。まず,それぞれの時代の支配体制について理解できていることが必要です。

歴史的事象の共通点や相違点の理解を問う問題
複数の歴史事象を比較して,共通点や相違点について,その歴史的背景や意義をふまえて考察させる出題で,幅広い視野で歴史をとらえているかが試されています。相違点問う出題の方が多く,どういう観点から比較するかが重要です。

攻略ポイント
まずは考察の対象となる複数の歴史事象の内容をさまざまな要素で比較してみましょう。そして,共通点・相違点を整理して,設問の意図にあわせて答案を作成していきます。
ピックアップ
京都大 W (1)
この問題は,日本の9世紀の文化と10・11世紀の文化の特色を対比的かつ具体的に述べる問題です。9世紀の弘仁・貞観文化と,10・11世紀の国風文化の特徴を,唐風と国風という大きな枠でとらえつつ、仏教・文芸など具体例をあげて,対比が明確に分かるように論じることがポイントでした。文化史はそれぞれの文化が形成された背景をもとに,その結果としてどのようなものが生まれたのかを,理解する必要があります。また,共通点や相違点については,対比が分かりやすいように表で整理するなど,日頃から意識して学習しましょう。


史・資料読解の技能

さまざまな史資料から情報を読み取り,歴史を考察する技能が求められています。普段から様々な史料や図・グラフ・地図・写真などにあたっておくことが必要ですが,初見に近い史資料であっても,ヒントとなる用語や内容に着目できる「視点」と「知識」があれば対応できます。


文献資料の読解力を要求する問題

ピックアップ
九州大 〔4〕 問5
この問題は,不戦条約と九か国条約の史料を参考にして,なぜアメリカが満州事変とその後の事態の合法性を認めないと通牒したかを説明する問題です。与えられた史料を読み込み、日本の中国侵略が不戦条約・九ヵ国条約の規定にどう違反しているのかを指摘できるかがポイントでした。
東京大 第4問 設問A
この問題は,日清戦争後に西園寺公望文部大臣が記した勅語の草稿を読み,西園寺がどのような状況を危惧し,それにどう対処しようとしたのかを説明する問題です。史料から,西園寺の主張とその理由についても読み取る必要があります。史料文にある「旧来の悪しき慣習」を五カ条の誓文にある攘夷運動,条約改正交渉による内地雑居の承認と結びつけて考える必要がありました。

図版・統計資料の読解力を要求する問題

ピックアップ
名古屋大 問題V 問1
この問題は,日露戦争期の増税を風刺した図と文章をもとに,風刺の内容について説明する問題です。図には「増税を背負う国民」が描かれており、その周りには利益を上げた元老・地方官などの姿がみられます。このことから、多くの国民が戦争に伴う増税で困窮する一方で、一部の人々が利益をあげていた点を指摘できるかがポイントでした。


+α 思考力・判断力・表現力を問う良問


ピックアップ
名古屋大 問題U 問1
この問題では,史料を読解し,読み取った内容を根拠に,種子島に渡来した中国船かポルトガル船のいずれであるかの判断を求められました。史料文の織部丞と明国の五峯とのやりとりを根拠に,「明国」,「織部丞」の発言や態度をもとに中国船と判断するか,船客が100人でその中に明国の者が一人とあることを根拠にポルトガル船であると判断する必要がありました。2通りの解答が存在する問題であり、自らの解釈を論理的に説明しなければならないため,知識だけではなく、思考力を問うた良問といえます。こういった問題に対応するには,歴史的事象について,根拠を示しつつ説明する練習を積む必要があります。


ラーンズ 問題集のご案内


ラーンズ 問題集のご案内

「歴史的な理解に基づき考察する力」「史・資料読解の技能」を身につけるために
つまずき克服を核にしたステップ学習で入試に勝つ

進研WINSTEP 日本史B 三訂版

『進研WINSTEP』シリーズ
「WINSTEP 日本史B」では,「入試に必要な最低限の知識」をおさえるとともに,歴史の流れの中で歴史用語を理解し,「知識がつながった状態」に組み上げます。入試で問われやすい歴史事象の背景や影響を図によって視覚的におさえられるようまとめているので,設問の意図に合わせて歴史事象の背景や影響を論述する練習を積むことができます。また,ユニットごとに「年表ワーク」を入れており,タテのつながりを確認できるようになっているので,歴史の大きな流れと,個々の歴史事象のつながりをおさえられます。さらに,地図と年表と図を組み合わせることで,タテのつながりとヨコのつながりを確認でき,知識を結び付け,頭の中の知識を,使える状態にまで完成させます。WINSTEP日本史Bを活用して,膨大な知識を入試で使える状態にします。
また,解き方マスターユニットでは,ステップ1で,入試問題で出題される「史料問題」「統計資料問題」について,実際の入試問題の出題形式とレベルを実感すると同時に,問題を解くうえでの手順や押さえるべきポイントといった解き方のルールをコンパクトに確認できます。その後,ステップ2の演習を通じて実例に即しながら,解き方のルールを身につけられます。


ラーンズ 問題集のご案内

「思考力・判断力・表現力」を育むために
授業で生徒の学ぶ力を引き出す、アクティブ・ラーニング型の授業用教材

学ぶキミを引き出す 日本史

『Think and Quest(アクティブ・ラーニング型教材)』シリーズ
「学ぶキミを引き出す 日本史」では,授業で学習した歴史事項を整理し,自分の文章でまとめる練習ができます。それぞれのユニットで,日本史を学習するうえで重要なテーマに対して,シンキングツールで知識を整理しながら深め,自分のことばで歴史を表現することができます。また,グループでの話し合いを通じて,ほかの人の意見を聞くことで多角的な視点を取り入れ,客観的に歴史的事象を再構築することができるようになります。




ラインアップ
ページトップへ
SSL GMOグローバルサインのサイトシール ラーンズのサイトでは、個人情報の入力をお願いするページは全てSSLセキュアページで保護しております。
ISO27001
IS538539 / ISO 27001:2013
ラーンズではISMSの国際標準規格「ISO27001」を取得。情報資産を適切、安全に保護するため、情報セキュリティ向上に努めております。
えるぼし認定企業
ラーンズでは、えるぼし3段階を取得。女性の活躍推進法に基づき、取り組みの優良企業として厚生労働大臣の認定を受けています。