試行調査(プレテスト)地理B 出題内容の分析


「地理B」大学入学共通テスト 試行調査 出題内容の分析

「地理B」大学入学共通テスト 試行調査 出題内容の分析

この情報は2018年11月19日時点のものです。

「地理B」の大学入学共通テスト 試行調査(プレテスト)の出題内容の分析です。
平成30年11月に実施された、大学入試センター「試行調査(平成30年11月実施分)」の問題分析結果をレポートいたします。


出題内容の特徴と構成

「地理B」の特徴

  •  全5大問構成で地誌が1大問となったほかは、現行のセンター試験と同様の構成。
  •  現行のセンター試験よりも問題数は3問減っているが、設問文の長さや資料点数は同程度。
  •  地理的事象をモデル化して考察する問題や、仮説を立てる際に根拠となった資料を判断する問題など、出題や解答の形式がバリエーション豊かになった。

大問構成

「地理B」
・センター試験では、地誌が「比較地誌」と「1つの国、地域の地誌」の2大問出題され全6大問である。試行調査は地誌の出題が比較地誌を含めて1大問となり、全5大問となったが、出題構成はセンター試験と同じで、全分野から出題されている。
・問題を解く上で必要となる知識のレベルは、センター試験と大きく変わらない。しかし、仮説の検証方法を考察したり、根拠となる資料を選ばせる問題もみられ、思考力がますます重視されている。また、複数の資料から判断する問題や、模式図中から解答を選ぶ問題もみられ、総合的な学力が必要である。

大問構成 「地理B」大学入学共通テスト 試行調査 写真を拡大する

出題内容の分析

第1問 問4(「例年に比べて暑かった」ことを、客観的なデータに基づいて示す方法を問う問題)

【問題内容】
「例年に比べて暑かった」ことを、客観的なデータに基づいて示す方法を問う。

【求められる力】
感覚を客観的に検証する「方法を選ぶ」という新傾向の問題である。
(1)は最高気温が一律に35℃を超えた猛暑日数が確認できるのみで、低温日が考慮されていない、(2)は例年と比較していない、(4)は個人の感想で客観的ではないなど、論理的に判断することが求められている。


第3問 問6(「食文化の画一化」について、日本での「事例」と、画一化の「根拠となる資料」を判断する問題)

【問題内容】
「食文化の画一化」について、日本での「事例」と、画一化の「根拠となるデータ」を判断する。

【求められる力】
選択肢となるT〜Yの内容自体に誤りはないので、「画一化」と「説明できるデータ」という文脈に沿った文を論理的に選ぶ。
この問題ではデータの内容を文章で表現しているが、第5問問4では待機児童が発生している理由についての仮説と、その根拠となる具体的なグラフの組合せを選ばせている。
仮説や検証に基づく設問は今後も出題される可能性が高い。

分析まとめと今後の指導に向けて

分析まとめ

「地理B」
・全体として、思考力・判断力を要求する設問が中心となる傾向と、そのために必要とされる知識のレベルは、現行のセンター試験と大きくは変わらない。ただし、「複数の資料を組み合わせて分析する」設問が多く、情報量が増加した。さらに、題意を理解したり、資料の分析を行う上でセンター試験より時間を必要とした。
・考えられる「根拠」となるデータを選ぶ、仮説を立ててその「検証」のためのデータを選ぶ、複数の資料を組み合わせて課題を明らかにするなど、現行のセンター試験から、より進んだ思考力・判断力を求める設問が散見された。


今後の指導に向けて
仮説を検証するプロセスを意識した指導
基盤となる知識レベルと思考力中心の出題傾向は、現行のセンター試験と大きくは変わらないが、「課題解決」をテーマとする出題や、「課題解決策を構想する」ための思考力・判断力を求める出題は増加すると思われる。
日頃の授業のなかで、グループディスカッションやプレゼンテーションなどを通して、仮説を立て、既習の広範な知識を駆使して検証する練習を行っておきたい。視野を広げるための発問や、資料の着眼点など、生徒の自由な発想を促す工夫がのぞまれる。
多彩な資料を用いて分析する練習
GISや地理院地図なども用いられるようになった。地理院地図では一部の地図記号が変更や廃止されたほか、縮尺の概念がなくなっているため、読み取りに慣れておきたい。

ラーンズ 問題集のご案内

『進研WINSTEP 地理B 三訂版』

『進研WINSTEP 地理B 三訂版』
知識を統合して、使える形でインプットします
試行調査問題では、センター試験同様、豊富な資料をもとに出題されており、資料の示し方、設問の形式などに工夫が見られます。そういった問題を攻略するためには、どのような問われ方をしても、資料の着眼点を見つけて正解を導き出せる「確かな知識」と「着眼点をみつける技能」そして「正解を導く論理的な思考力」が必要となります。WINSTEP地理Bでは、その力を、STEPをふんで育成していきます。



ラインアップ

全 1 件(内、1〜1件を表示)

ラーンズ取扱 このロゴの問題集は「ラーンズ直販」です。
書店取扱 このロゴの問題集は「書店取扱い」です。ご注文時に貴校と取引のある書店をご指定ください。
冊子版 ラーンズ取り扱い商品
¥930(税込)
問われる知識と解法がセットで身につく!!

ページトップへ
このマークは、ウェブサイトを安心してご利用いただける安全の証です ISO27001
IS538539 / ISO 27001:2013
ラーンズではISMSの国際標準規格「ISO27001」を取得。情報資産を適切、安全に保護するため、情報セキュリティ向上に努めております。
えるぼし認定企業
ラーンズでは、えるぼし3段階を取得。女性の活躍推進法に基づき、取り組みの優良企業として厚生労働大臣の認定を受けています。 くるみん認定企業
ラーンズでは、厚生労働大臣より次世代育成支援対策推進法施行規則に定める認定基準を満たし、くるみん認定を受けています。