試行調査 結果報告まとめ 日本史


【4月24日更新】大学入試共通テスト試行調査 結果報告まとめ 日本史

大学入試共通テスト試行調査 結果報告まとめ 日本史

この情報は2019年4月時点のものです。

試行調査 結果報告まとめ 日本史

大学入学共通テストの導入に向けた試行調査の結果報告


実施結果 概要

日本史B:実施結果 概要

  • 平均得点率(平均正答率)は5割程度を超えた。
  • 比較的正答率が高かったことを踏まえて難易度を検討していく(世界史B)。
  • 得点分布のバランスに配慮した難易度の検討を行う(日本史B、地理B)。

PDF 「試行調査 結果報告まとめ 日本史」 PDF資料をダウンロード


今後の方向性

【日本史B】5割から7割程度の正答率となる問題を増やす
問題構成、設問数、内容、難易度等の一定のバランスはとれていた。資料や選択肢の内容を工夫することで、極端に易化した問題数を減らす必要がある。多様な学力層を識別するために、5割から7割程度の正答率となる問題を増やす。

2019年4月4日、「大学入学共通テストの導入に向けた試行調査の結果報告」が公表され、新たに、科目別にマーク式問題については、設問正答率幹葉図、大問五分位図等、記述式問題については、正答率、自己採点一致率等を基にした分析、検証が行われ、問題構成、設問数、内容等の在り方、改善の方向性が示されたところです。
この報告内容について、ラーンズ編集部にてポイントを整理してPDFにまとめましたので、ぜひご指導にお役立てください。

PDF 「試行調査 結果報告まとめ 日本史」 PDF資料をダウンロード


指導に向けて(まとめ)

史・資料から情報を取り出す技能の育成

現行のセンター試験に比べ、読むべき史・資料の量や、そこから読み取れた情報をもとに思考力・判断力を働かせて解答すべき設問の数が大幅に増加した。こうした問題に対応するためには、日ごろから学習活動の中に史・資料の読解を一層取り入れていくことが重要である。
「変化」や「差異」に対する問題意識の醸成

歴史的事象の正確な理解を促すことはもちろん、生徒が身につけた知識が大きな歴史の流れの中でどのように位置づけられるのか、どのような意義をもつものなのか、他の歴史的事象とどのような関連をもつのかなどを、授業の中で考える機会を設けることが重要である。そのためには、発問を工夫することや、生徒同士での協働的な学びを授業に組み込むことなどを通して、生徒自身が主体的に学びを深めたいと思えるような学びをデザインすることが求められる。

今後の指導におすすめしたい問題集

Think and Quest 学ぶキミを引き出す 日本史

Think and Quest 学ぶキミを引き出す 日本史

歴史を論理的に考える
資料から情報を抜き出して論理的に考える力、歴史的事象を一般化する力、複眼的な視点で歴史をとらえる力を育成するには、時代の特徴や歴史的な概念をとらえる問いに対して、さまざまな見方・考え方を用いながら、他者と協働して学びを深めていくことが求められます。Think and Quest日本史では、その力をシンキングツールを使用して育成していきます。


進研 WINSTEP日本史B 三訂版

進研 WINSTEP日本史B 三訂版

知識がつながる!歴史の流れがわかる!!
本教材では、上のような思考力・判断力・表現力が必要な問題を掲載しています。資料を読解し解釈するには、「基盤となる確かな知識」「資料を読解する技能」、そして「正解を導く論理的な思考力」が必要となります。WINSTEP日本史Bでは、その力をSTEPを踏んで育成していきますので、早い時期からご利用いただくことも可能です。


PDF 「試行調査 結果報告まとめ 日本史」 PDF資料をダウンロード

本情報は、2019年4月24日現在のものです。



ページトップへ
このマークは、ウェブサイトを安心してご利用いただける安全の証です ISO27001
IS538539 / ISO 27001:2013
ラーンズではISMSの国際標準規格「ISO27001」を取得。情報資産を適切、安全に保護するため、情報セキュリティ向上に努めております。
えるぼし認定企業
ラーンズでは、えるぼし3段階を取得。女性の活躍推進法に基づき、取り組みの優良企業として厚生労働大臣の認定を受けています。 くるみん認定企業
ラーンズでは、厚生労働大臣より次世代育成支援対策推進法施行規則に定める認定基準を満たし、くるみん認定を受けています。