【7/9まで動画公開】生徒を伸ばす夏季休暇教材を考える| 株式会社ラーンズ

PICK UP
新型コロナウイルス感染拡大の影響による学校課題と取り組み事例
読み解く!大学入試
ラーンズ主催 研究会情報


教科書供給所の方へ
ラーンズの多文化共生事業

【7/9まで動画公開】生徒を伸ばす夏季休暇教材を考える


ラーンズ主催の研究会情報

2021年7月9日まで公開
録画映像視聴 お申込み受付中
『生徒を伸ばす夏季休暇教材を考える』
この度、高校1、2年生の夏季休暇用教材について考える研究会を企画いたしました。
「低学年からの共通テストを見据えた指導」をテーマに、ご自身も高校で教鞭を執られていた際に、オーダーシステムをご活用いただいていた竹内英人先生(名城大学 教職センター教授)を講師としてお招きし、今の時期に生徒に解かせたい問題とその選定の観点、指導法についてお話いただきます。
ご講演終了後(17:30~)は、竹内英人先生へ直接ご質問いただける時間を設けます。
お時間よろしければ引き続きご参加ください。
※後日、ご講演内容については録画映像を配信いたしますが、質疑応答の内容は含まれません。

お知らせ

2021年6月4日(金)以降は、Zoomでの配信を録画した映像をご視聴いただけます。
※録画映像視聴のお申込みが必要です。

研究会の詳細

講師紹介

竹内 英人(たけうち ひでと)先生
名城大学 数学教育研究分野。
現在は、名城大学 教職センター教授(元愛知県公立高校教員)として、将来、中学校、高校の数学の教員を目指す学生を指導している。新入試(テスト)に向けた数学指導やアクティブラーニングについて研究・実践指導を行う。 また、学校、塾、予備校、企業の垣根を取り払った勉強会を定期的に開催しつつ、全国の高校や塾、予備校に出前授業や教員研修を行っている。著書は「重要問題演習」(ラーンズ)、「キミが学びを深める 数学Ⅱ・B」(ラーンズ)、中学校・高等学校数学検定教科書、「 フォーカスゴールド」( 啓林館)など多数執筆。

LIVE配信のご案内(終了しました)

研究会 生徒を伸ばす夏季休暇教材を考える
~オーダーシステムを使った問題選定のヒント~
講師 名城大学 数学教育研究分野
竹内 英人 先生
日時 2021年6月2日(水)16:30~17:30
対象 夏季教材をご検討されている高等学校 数学ご担当先生
開催形式 ZoomでのLIVE配信
定員 90名
参加費 無料
締切 2021年6月2日(水)16:30
※定員に達し次第、受付終了。

録画映像視聴のご案内

内容 お申込みいただいた先生に、上記ZoomでのLIVE配信を録画した映像視聴のご案内を差し上げます。
講演資料 生徒を伸ばす夏季休暇教材を考える_資料(PDF)
公開期間 2021年6月4日(金)~2021年7月9日(金)
対象 夏季教材をご検討されている高等学校 数学ご担当先生
お申込み費用 無料

 録画映像視聴のお申込みはこちらから  

おすすめの教材

『オーダーシステム』

研究会に関するご質問・ご相談

ラーンズ主催の研究会に関するご質問・ご相談は、お気軽にラーンズお客様センターまでお問い合わせください。

株式会社ラーンズ
 〒700-0807 岡山市北区南方3-7-17
 TEL:0120-548-155(フリーダイヤル)
 受付時間:9:00~17:00(土日祝・年末年始を除く)

 お問い合わせ