2021大学入学共通テスト 問題評価・分析委員会報告書(1月16日・17日)概要

PICK UP
ラーンズ主催 研究会情報
ラーンズコネクト
Web会員限定コンテンツ


教科書供給所の方へ
ラーンズの多文化共生事業
2021大学入学共通テスト 問題評価・分析委員会報告書(1月16日・17日)概要

読み解く!大学入試

2021大学入学共通テスト 問題評価・分析委員会報告書(1月16日・17日)概要
「令和3年度大学入学共通テスト問題評価・分析委員会報告書(1月16日・17日)」の概要をまとめました。

国語

概要

高等学校教科担当教員および教育研究団体の意見・評価を受けての、大学入学共通テスト問題評価・分析委員会報告書

問題作成方針に沿った出題は、今後の授業改善につながるものとして評価されていました。一方で、新しい出題形式において設定に無理があるとなどの意見もあり、大学入試センターでは今後さらに工夫していくことが必要であるとしていました。
難易度については、古文と漢文の難易度の違い、実際の難易度と配点の妥当性について意見が挙がっていましたが、全体的には、素材文の分量や誤答選択肢の見やすさなど、平易で取り組みやすかったという評価でした。

2022大学入学共通テストに向けて

問題作成方針に沿った出題が評価を得ており、2022共通テストでは、知識の理解の質や、思考力・判断力・表現力等を発揮して解くことが求められる問題を重視することが進むと思われます。また、新傾向問題で設定の工夫がなされるなど、2021共通テストにくらべて、より洗練された出題に向かうことが予想されます。

数学Ⅰ・A/数学Ⅱ・B

概要

高等学校教科担当教員および教育研究団体の意見・評価を受けての、大学入学共通テスト問題評価・分析委員会報告書

日常の事象を数理的に捉える力、問題解決に向けて構想・見通しを立てる力、解決過程を振り返って得られた結果を意味付ける力等を問う出題は、問題作成方針に合致したものであり、主体的・対話的な学びの視点からの授業改善に向けた示唆を与えるものとして、高く評価されていました。形式面では、選択肢から選ぶための二重四角で表記されたマーク欄、導入や展開・振り返りでの誘導など、受験者へ配慮した工夫も評価されていました。ただし、数学Ⅰ・Aの第2問〔1〕(短距離100m走のタイムを考察する場面設定)のように、日常事象を扱った問題の注意として、取り上げる題材について受験者の経験の差が影響しないよう、公平性の点で配慮を求める意見がありました。また、一定の平均点を確保するためにはやむを得ないとしつつも、実際の難易度と配点の妥当性について意見や、数学(1)と数学(2)の雰囲気が異なり、統一感のある作題を求める意見が挙がっており、大学入試センターでは十分留意したい、としています。

出題意図で見られた共通テスト数学の「基礎となる力」
一定の手順で解を求めること/数学的な見方・考え方を働かせること/論理的に考察すること/発展的に考察すること/統合的・発展的・体系的に考察すること/論理的に推論すること/的確かつ能率的に処理すること/事象を数学化すること/数学的表現を解釈すること/多面的に考察し問題の本質を見いだすこと/一般の場合に成り立つ事実を考察すること/解決過程を振り返ること/解決過程を基に、得られた結果を意味付けること

2022大学入学共通テストに向けて

今回の出題が概ね評価を得ており、2022共通テストでは、従来のセンター試験のように一定の手順で数学的に処理する力に加えて、問題解決に向けて構想・見通しを立てたり、解決過程を振り返ったり、日常生活や社会の事象を数理的に捉えたり、得られた結果を意味付けたりする力を測る問題が、バランスよく出されると予想されます。特に、問題作成方針に沿った、学習の場面設定の問題は、主体的・対話的な学びを通して学習を進める力を育成するための授業改善に向けたメッセージとして高く評価されており、このような出題が引き続き、重視されると予想されます。
難易度については、一定の平均点の確保や、受験者の考える時間を考慮をしつつ、学びの質の向上が期待できる問題や、目新しく斬新な問題など、難易度が高い問題が出されることが予想されます。なお、難易度に応じた配点の在り方については検討・検証がなされ、影響が小さくなる配慮がはたらくと思われます。また、数学(1)と数学(2)の雰囲気の違いも考慮されるのではないかと思われます。

英語(リーディング)

概要

高等学校教科担当教員および教育研究団体の意見・評価を受けての、大学入学共通テスト問題評価・分析委員会報告書

センター試験から共通テストに変わるに当たり、内容・構成などにおいて最も大きく変更された科目で、配点も200点から100点になりました。各大問の難易度の設定においても変化し、センター試験では、ほぼ同一の難易度からなる大問が一律に課されていたのが、共通テストでは、大問ごとにCEFRのA1からB1まで難易度が設定されました。
分量は、昨年度と比較して英語の総語数は1,000語を超える増加(25%以上増)となりました。このことについて、「これまで以上に速読力が求められ、一律な英文の読み方をするのではなく、素材となる英文の種類や目的に応じて様々な読み方が要求され、設問の趣旨に合った読み方をしなければ時間が不足する。」という意見がありました。
また、「思考力を測定する観点からすると、これ以上語数を増やすことは有効ではないと考える。情報量が増え、問題も複雑になり、短い時間の中で注意力や解答方法への慣れを測定するような試験に陥るのではなく、じっくりと考える時間を設定して思考力を十分に測るような試験問題に改善することが求められるのではないかと考える。」という指摘がありました。これに対して、大学入試センターでは、「指摘に対しては、設計上の違いがあることを記しておきたい。日常生活において、ペーパーバックや新聞、ウェブなどの情報を楽しんで読むとなると、一定のスピードが必要となる。本テストでは、巡航速度(スピード)に乗って英語を理解することを念頭に、実践的なコミュニケーション場面において『その場で読み取る』能力の測定をしている。」と答えていました。

2022大学入学共通テストに向けて

変化が大きかっただけに、様々な意見や指摘がありましたが、コミュニケーション重視の新学習指導要領の趣旨を踏まえた出題や、教育現場における授業改善につながるような出題は評価されており、2022共通テストでは、引き続き、英文の内容や場面設定などにおいて、2021共通テストと同様の出題がなされると思われます。
分量においては、「本テストでは、巡航速度(スピード)に乗って英語を理解することを念頭に、実践的なコミュニケーション場面において「その場で読み取る」能力の測定をしている。 」としていることに留意する必要があります。
なお、従来のセンター試験であれば、4技能のうち少なくとも3つの技能を測ることができたので、「大胆な提案であるが、将来は英語リーディング試験をリーディングとライティングの2つの技能を測定する試験に、英語リスニング試験をリスニングとスピーキングを測定する試験に変更していくことを検討していただきたい。」という意見に対しては、大学入試センターからのコメントはありませんでした。

英語(リスニング)

概要

高等学校教科担当教員および教育研究団体の意見・評価を受けての、大学入学共通テスト問題評価・分析委員会報告書

センター試験から共通テストに変わるに当たり、配点が50点から100点へと倍増し、「多様な話者による現代の標準的な英語を使用する」という観点から「イギリス英語」も使用され,さらに「1回読み」問題が導入されるなど内容的な変更がありました。
分量は、読み上げられた英語の総語数は約1,520語(昨年度は約1,140語)で、設問と選択肢の総語数は約700語(昨年は約600語)でした。
難易度については、大学入試センターから「本テストの平均点は前年度と比べてほぼ横ばいであったが、共通テストでは問題の種類と数が増え、難易度も上がったと考えられることから、受験者が4技能の学習を強化した結果、リスニング力が全体的に向上した可能性が示唆される。 」とありました。
また、「情報を処理する能力や、さらにそれを速く行うことを求めるような問題設定となってしまうことは避けるべきである。……より基本的な聴解力が身についているのかを評価するような問題作成もお願いしたい。」という意見がありました。これに対して、大学入試センターでは、「情報処理能力や、それを速く行うことだけを求めるような問題設定となってしまうことは避けるべきであるが、一方で本物のコミュニケーションの場で求められる即時的な対応力は、聴解における基礎力として位置付けるべきであると考える。受験者に過度の負担を与えることは避けつつ、聞き取ったことを瞬時に「理解・解釈」できるリスニングの流暢性を高める学習にも是非力を入れてほしい。」と答えていました。

2022大学入学共通テストに向けて

英語(リーディング)と同様に、様々な意見や指摘がありましたが、コミュニケーション重視の新学習指導要領の趣旨を踏まえた出題や、授業改善につながるような出題は評価されており、2022共通テストでは、引き続き、英文の内容や場面設定などにおいて、2021共通テストと同様の出題がなされると思われます。
なお、2021共通テストでみられた次の点においては、大学入試センターで配慮や工夫を続けるとありました。
・イギリス英語などの英語変種が使われる場合は、より自然な状況設定に。
・黙読時間とどこまであらかじめ目を通すべきかを可能な限り示すこと。
・受験者の背景知識の程度によって理解度が左右される可能性のある問題。
・4人の会話では、会話の最初から4人全員が一斉に登場しないようにする、あるいは話者の役割が明確な場面設定をする。

共通テスト問題作成の基本的な考え方

令和3年度大学入学者選抜に係る大学入学共通テスト問題作成方針(2019.6.7、大学入試センター)

大学入試センター試験における問題評価・改善の蓄積を生かしつつ、共通テストで問いたい力を明確にした問題作成
これまで問題の評価・改善を重ねてきた大学入試センター試験における良問の蓄積を受け継ぎつつ、高等学校教育を通じて大学教育の入口段階までにどのような力を身に付けていることを求めるのかをより明確にしながら問題を作成する。
高等学校教育の成果として身に付けた、大学教育の基礎力となる知識・技能や思考力、判断力、表現力を問う問題作成
平成21年告示高等学校学習指導要領(以下「高等学校学習指導要領」という。)において育成することを目指す資質・能力を踏まえ、知識の理解の質を問う問題や、思考力、判断力、表現力を発揮して解くことが求められる問題を重視する。
また、問題作成のねらいとして問いたい力が、高等学校教育の指導のねらいとする力や大学教育の入口段階で共通に求められる力を踏まえたものとなるよう、出題教科・科目において問いたい思考力、判断力、表現力を明確にした上で問題を作成する。
「どのように学ぶか」を踏まえた問題の場面設定
高等学校における「主体的・対話的で深い学び」の実現に向けた授業改善のメッセージ性も考慮し、授業において生徒が学習する場面や、社会生活や日常生活の中から課題を発見し解決方法を構想する場面、資料やデータ等を基に考察する場面など、学習の過程を意識した問題の場面設定を重視する。
問題の中では、教科書などで扱われていない初見の資料などが扱われることもあるが、問われているのはあくまでも高等学校における通常の授業を通じて身につけた知識の理解や思考力などである。初見の資料などは、新たな場面でもそれらの力が発揮できるかどうかを問うための材料として用いるものであり、そうした資料の内容自体が知識として問われるわけではない。
(「大学入学共通テスト」における問題作成の方向性等(2018年6月18日、大学入試センター))

出題教科・科目の問題作成の方針

令和3年度大学入学者選抜に係る大学入学共通テスト問題作成方針(2019.6.7、大学入試センター)

国語

言語を手掛かりとしながら、文章から得られた情報を多面的・多角的な視点から解釈したり、目的や場面等に応じて文章を書いたりする力などを求める。近代以降の文章(論理的な文章、文学的な文章、実用的な文章)、古典(古文、漢文)といった題材を対象とし、言語活動の過程を重視する。問題の作成に当たっては、大問ごとに一つの題材で問題を作成するだけでなく、異なる種類や分野の文章などを組み合わせた、複数の題材による問題を含めて検討する。

数学

数学的な問題解決の過程を重視する。事象の数量等に着目して数学的な問題を見いだすこと、構想・見通しを立てること、目的に応じて数・式、図、表、グラフなどを活用し、一定の手順に従って数学的に処理すること、及び解決過程を振り返り、得られた結果を意味付けたり、活用したりすることなどを求める。また、問題の作成に当たっては、日常の事象や、数学のよさを実感できる題材、教科書等では扱われていない数学の定理等を既知の知識等を活用しながら導くことのできるような題材等を含めて検討する。

理科 - 物理基礎、化学基礎、生物基礎、地学基礎

日常生活や社会との関連を考慮し、科学的な事物・現象に関する基本的な概念や原理・法則などの理解と、それらを活用して科学的に探究を進める過程についての理解などを重視する。問題の作成に当たっては、身近な課題等について科学的に探究する問題や、得られたデータを整理する過程などにおいて数学的な手法を用いる問題などを含めて検討する。

理科 - 物理、化学、生物、地学

科学の基本的な概念や原理・法則に関する深い理解を基に、基礎を付した科目との関連を考慮しながら、自然の事物・現象の中から本質的な情報を見いだしたり、課題の解決に向けて主体的に考察・推論したりするなど、科学的に探究する過程を重視する。問題の作成に当たっては、受験者にとって既知ではないものも含めた資料等に示された事物・現象を分析的・総合的に考察する力を問う問題や、観察・実験・調査の結果などを数学的な手法を活用して分析し解釈する力を問う問題などとともに、科学的な事物・現象に係る基本的な概念や原理・法則などの理解を問う問題を含めて検討する。 なお、大学入試センター試験で出題されてきた理科の選択問題については、設定しないこととする。

英語

○高等学校学習指導要領では、外国語の音声や語彙、表現、文法、言語の働きなどの知識を、実際のコミュニケーションにおいて、目的や場面、状況などに応じて適切に活用できる技能を身に付けるようにすることを目標としていることを踏まえて、4技能のうち「読むこと」「聞くこと」の中でこれらの知識が活用できるかを評価する。したがって、発音、アクセント、語句整序などを単独で問う問題は作成しないこととする。
○リーディング」「リスニング」ともに、ヨーロッパ言語共通参照枠(CEFR)を参考に、各CEFRレベルにふさわしいテクスト作成と設問設定を行うことで、A1 から B1 レベルに相当する問題を作成する。また、実際のコミュニケーションを想定した明確な目的や場面、状況の設定を重視する。
○「リーディング」については、様々なテクストから概要や要点を把握する力や必要とする情報を読み取る力等を問うことをねらいとする。
○「リスニング」については、生徒の身近な暮らしや社会での暮らしに関わる内容について、概要や要点を把握する力や必要とする情報を聞き取る力等を問うことをねらいとする。音声については、多様な話者による現代の標準的な英語を使用する。
読み上げ回数については、英語の試行調査の結果や資格・検定試験におけるリスニング試験の一般的な在り方を踏まえ、問題の数の充実を図ることによりテストの信頼性が更に向上することを目的として、1 回読みを含める。十分な読み上げ時間を確保し、重要な情報は形を変えて複数回言及するなど、自然なコミュニケーションに近い英語の問題を含めて検討する。全ての問題を 1 回読みにする可能性についても今後検証しつつ、当面は1回読みと 2 回読みの両方の問題を含む構成で実施することとする。
○グローバル人材の育成を目指した英語教育改革の方向性の中で高等学校学習指導要領に示す4技能のバランスの良い育成が求められていることを踏まえ、「リーディング」と「リスニング」の配点を均等とする。ただし、各大学の入学者選抜において、具体的にどの技能にどの程度の比重を置くかについては、4技能を総合的に評価するよう努めるという「大学入学共通テスト実施方針」(平成 29 年7月)を踏まえた各大学の判断となる。

令和3年度大学入学者選抜に係る大学入学共通テスト英語におけるイギリス英語の使用について(2019.08.23、大学入試センター)

共通テストでは現在国際的に広く使用されているアメリカ英語に加えて、場面設定によってイギリス英語を使用することもある。
(補足説明)
○高等学校学習指導要領に示された、国際的に広く日常的なコミュニケーションの手段として通用している「現代の標準的な英語」には語彙、綴り、発音、文法などに多様性があることに気付かせる指導を踏まえ、出題の場面や内容にふさわしい英語表記とするため、現在国際的に広く使用されているアメリカ英語に加えて、場面設定に応じてイギリス英語を使用することがある。

地理

地理に関わる事象を多面的・多角的に考察する過程を重視する。地理的な見方や考え方を働かせて、地理に関わる事象の意味や意義、特色や相互の関連を多面的・多角的に考察したり、地理的な諸課題の解決に向けて構想したりする力を求める。問題の作成に当たっては、思考の過程に重きを置きながら、地域を様々なスケールから捉える問題や、地理的な諸事象に対して知識を基に推論したり、資料を基に検証したりする問題、系統地理と地誌の両分野を関連付けた問題などを含めて検討する。

歴史(日本史、世界史)

歴史に関わる事象を多面的・多角的に考察する過程を重視する。用語などを含めた個別の事実等に関する知識のみならず、歴史的事象の意味や意義、特色や相互の関連等について、総合的に考察する力を求める。問題の作成に当たっては、事象に関する深い理解に基づいて、例えば、教科書等で扱われていない初見の資料であっても、そこから得られる情報と授業で学んだ知識を関連付ける問題、仮説を立て、資料に基づいて根拠を示したり、検証したりする問題や、歴史の展開を考察したり、時代や地域を超えて特定のテーマについて考察したりする問題などを含めて検討する。

現代社会

現代社会の課題や人間としての在り方生き方等について多面的・多角的に考察する過程を重視する。文章や資料を的確に読み解きながら基礎的・基本的な概念や理論、考え方等を活用して考察する力を求める。問題の作成に当たっては、図や表など、多様な資料を用いて、データに基づいて考察し判断する問題などを含めて検討する。

倫理

人間としての在り方生き方に関わる倫理的諸課題について多面的・多角的に考察する過程を重視する。文章や資料を読み解きながら、先哲の基本的な考え方等を手掛かりとして考察する力を求める。問題の作成に当たっては、倫理的諸課題について、倫理的な見方や考え方を働かせて、思考したり、批判的に吟味したりする問題や、原典資料等、多様な資料を手掛かりとして様々な立場から考察する問題などを含めて検討する。

政治・経済

現代における政治、経済、国際関係等について多面的・多角的に考察する過程を重視する。現代における政治、経済、国際関係等の客観的な理解を基礎として、文章や資料を的確に読み解きながら、政治や経済の基本的な概念や理論等を活用して考察する力を求める。問題の作成に当たっては、各種統計など、多様な資料を用いて、様々な立場から考察する問題などを含めて検討する。

2021年 7月16日 公開

本記事を印刷してご覧いただけるPDF資料は、ラーンズWeb会員限定コンテンツとして公開しております。

Web会員限定コンテンツ

ご指導の参考にしていただける資料や生徒さんの学習に役立つプリントを、ラーンズWeb会員限定で公開しております。会員の方は下記「Web会員限定コンテンツを見る」よりログインしてご覧ください。
ラーンズWeb会員への登録がまだの方は、ぜひこの機会にご登録ください。

 Web会員限定コンテンツを見る  

おすすめの教材

『共通テスト対策【実力養成】シリーズ』


『共通テスト対策【実力完成】直前演習』