試行調査(プレテスト)物理基礎/物理 出題内容の分析


「物理基礎/物理」大学入学共通テスト 試行調査 出題内容の分析

「物理基礎/物理」大学入学共通テスト 試行調査 出題内容の分析

この情報は2018年11月19日時点のものです。

「物理基礎/物理」の大学入学共通テスト 試行調査(プレテスト)の出題内容の分析です。
平成30年11月に実施された、大学入試センター「試行調査(平成30年11月実施分)」の問題分析結果をレポートいたします。


物理基礎
物理


「物理基礎」

出題内容の特徴と構成

「物理基礎」の特徴

  •  昨年のセンター試験と同様、3大問構成で出題された。日常生活でみられる物理現象を題材にした出題が目立ち、第3問ではケーキを焼く電気パンの実験を題材に、実験考察力を問う問題が出題された。第1問の問2では、正答以外を解答した場合でも、部分点を与える工夫がなされていた。従来のセンター試験と同様、物理基礎の全範囲から出題された。

大問構成

「物理基礎」
3大問構成で出題された。第2問Aでは記録テープを題材に台車の運動を分析する典型的な問題で、第3問ではケーキ焼き器という身近な物理現象を題材に実験考察力を問う問題が出題された。第1問 問2では、従来のセンター試験と同様に、正答以外の一部の解答について部分点を与える工夫がされていた。また、物理基礎の全範囲から出題された点も従来と同様であった。

大問構成 「物理基礎/物理」大学入学共通テスト 試行調査 写真を拡大する

出題内容の分析

第1問 小問集合 問2

【問題内容】
気温変化と管楽器の音の変化について、生徒たちの会話に沿って、気温が変化した際の音速の変化と熱膨張がもたらす菅楽器の変化を比較分析する問題であった。波の基本式v=fλをもとに、気温の変化が速さvの変化と波長λの変化につながる事象であることを考察する問題であった。

【求められる力】
自然の事物・現象にかかわる基本的な概念および観察・実験の結果などを、原理・法則によって比較分析できる力が求められ、目新しい問題であった。


第3問 熱 問3

【問題内容】
与えられた二つのグラフ(電流−時間、温度−時間)を関連づけて分析し、ケーキ生地の内部の温度が100℃を大きく超えなかった理由を考える問題であった。ケーキ生地の中の水分が100℃に達した後、発生するジュール熱がどのように使われるかを考察する問題であった。

【求められる力】
新たな情報が、自然の事物・現象の基本的な概念によって、原理・法則に従い説明できることを見出すことができる力が求められた。

分析まとめと今後の指導に向けて

分析まとめ

「物理基礎」
・前回の試行調査と同様に、日常生活で経験される身近な現象や事例を通して、物理の基本概念および原理・法則の理解や、それらを活用する力が問われた。
・斜面を下りる台車の運動を記録タイマーを用いて記録する実験を通して、実験結果から引き出した情報やグラフを活用し、速度や加速度を導き出す問題、容器に電極を取り付け、ケーキ焼き器の実験を通して、オームの法則、電力量、熱と温度の関係など、資料として与えられたグラフ等を活用する問題など、さまざまな題材をもとに課題を解決する力が問われた。
・生徒たちの説明が科学的に正しい考察となるよう、空欄補充形式で会話文を完成させる問題が出題された点が目新しい。
・従来のセンター試験同様、物理基礎の全範囲から出題された。


今後の指導に向けて
「物理基礎」
・日常生活でみられる物理現象を題材にした問題が出題された。これらの問題への対策として、日常生活でみられる物理現象と教科書にある物理の公式、法則や重要事項を関連付けて理解することで、物理現象や科学技術への興味・関心を高めることが求められるだろう。また、対話を通して、深い学びにつなげたい。
・実験や考察を行う問題が出題された。これらの問題への対策として、実験レポートを書くなどして、実験に対する考察に慣れることで、データ処理、グラフの表し方など、科学的な素養を高めることが求められるだろう。さらに、グラフを活用して課題を解決する力も求められるだろう。


「物理」

出題内容の特徴と構成

「物理」の特徴

  •  昨年の試行調査と同様、4大問構成で出題された。ICT機器の利活用を含む、観察・実験を重視した問題が多く出題された。第2問は、問1で間違えてしまい、その間違えた解答を用いて問2を考えた場合でも、その考えが正しいときは、問2に点を与える工夫がなされていた。昨年の試行調査と同様、物理基礎の範囲の問題や原子からも出題され、幅広い範囲から出題された。

大問構成

「物理」
従来のセンター試験ではあまりみられない、ICT機器の利用や活用を含む、観察・実験を重視した問題が出題された。前回の試行調査と同様に4大問構成で出題されたが、試験時間に対する分量は前回と比べて減少したように感じられる。第2問では、問1で間違えてしまい、その間違えた解答を用いて問2を考えた場合、その考えが正しいときは問2に点を与える工夫がされていた点も、前回と同様であった。従来のセンター試験と同様に、物理基礎の範囲の問題も出題され、幅広い範囲から出題された。

大問構成 「物理基礎/物理」大学入学共通テスト 試行調査 写真を拡大する

出題内容の分析

第2問B 運動量の保存 問3

【問題内容】
実験結果に関する生徒たちの説明が科学的に正しい考察となるよう、空欄補充形式で会話文を完成させる問題であった。力センサーを取り付けた台車を用いた衝突実験を題材に、力-時間グラフが囲む面積が表す力積の式を、力積や弾性衝突の理解をもとに求めさせたり、グラフの曲線で囲まれた図形において、近似の考えをもとにおよその面積を求める問題であった。

【求められる力】
自然の事物・現象にかかわる値について、原理・法則に従って処理し、グラフを活用して分析することが求められた。概数や有効数字で検討することが重要であることから、正規分布型の曲線で囲まれた図形を三角形としてみなして考えることができるかが問われ、近似の考え方を用いる点で目新しい問題であった。


第3問B 電磁波 問3

【問題内容】
電波を金属板で反射させる実験について、入射波と反射波の重ね合わせで生じる電圧変化の実験結果(データ)から確認できる物理現象を、一般的な波動における定常波(定在波)の理解をもとに、考察させる問題であった。

【求められる力】
表や資料等から、自然の事物・現象にかかわる情報を原理・法則に従って抽出し、関係性などを発見する力が求められた。受験生にとって初めてみる設定であると思われるが、電圧の変化のようすと電波の状態の関係を見抜く力が問われた問題であった。

分析まとめと今後の指導に向けて

分析まとめ

「物理」
・従来のセンター試験とは異なり、日常でみられる物理現象を題材に実験を行い、考察を深めていくという、物理現象の気づきから実験・考察までのストーリーがある出題が特徴的であった。
・グラフを近似して読み取ったり、数値データを分析したりすることにより、実験結果を適切に考察する力が求められた。
・数値を解答する問題では、前回の試行調査と同様に数値そのものを選択するのではなく、選択肢にある数字や数値を複数選択することで一つの数値を解答するという形式のものがみられた。また、すべて選べという形式や、根拠(考えの過程)と結果を合わせて問う形式もみられ、従来の問題よりも深い理解が問われた点も、前回と同様であった。
・実験結果に関する生徒たちの説明が科学的に正しい考察となるよう、空欄補充形式で会話文を完成させる問題もあった。
・従来と同様に、物理基礎の範囲も含む幅広い分野からまんべんなく出題された。


今後の指導に向けて
「物理」
・日常生活でみられる物理現象を題材にした問題が出題された。これらの問題への対策として、日常生活でみられる物理現象と教科書にある物理の公式、法則や重要事項を関連付けて理解することで、物理現象や科学技術への興味・関心を高めることが求められるだろう。また、対話を通して、深い学びにつなげたい。
・実験や考察に関する問題が出題された。これらの問題への対策として、実験レポートを書く機会を設けることにより、考察、推論する力などを高めることが求められるだろう。

ラーンズ 問題集のご案内

『Think and Quest 学ぶキミを引き出す 物理基礎』

『Think and Quest 学ぶキミを引き出す 物理基礎』
物理と身近な現象の関わりを感じつつ、「幹となる概念」が理解できます
学習指導要領「物理基礎」に準拠して、学習の幹となる基本的な内容や概念が理解できるような、目標設定、テーマ選定、課題立てで教材デザインしています。また、日常生活や社会と、自分を含めた物理との関連が考えられるような項目を盛り込んでいます。



ラインアップ

全 3 件(内、1〜3件を表示)

ラーンズ取扱 このロゴの問題集は「ラーンズ直販」です。
書店取扱 このロゴの問題集は「書店取扱い」です。ご注文時に貴校と取引のある書店をご指定ください。
冊子版 ラーンズ取り扱い商品
¥520(税込)
差がつくポイントを抽出!効率的に実力アップ!!

ページトップへ
このマークは、ウェブサイトを安心してご利用いただける安全の証です ISO27001
IS538539 / ISO 27001:2013
ラーンズではISMSの国際標準規格「ISO27001」を取得。情報資産を適切、安全に保護するため、情報セキュリティ向上に努めております。
えるぼし認定企業
ラーンズでは、えるぼし3段階を取得。女性の活躍推進法に基づき、取り組みの優良企業として厚生労働大臣の認定を受けています。 くるみん認定企業
ラーンズでは、厚生労働大臣より次世代育成支援対策推進法施行規則に定める認定基準を満たし、くるみん認定を受けています。