「高校生のための学びの基礎診断」 英語問題例分析| 株式会社ラーンズ

PICK UP
新型コロナウイルス感染拡大の影響による学校課題と取り組み事例
読み解く!大学入試
ラーンズ主催 研究会情報


教科書供給所の方へ
ラーンズの多文化共生事業

「高校生のための学びの基礎診断」 英語問題例分析

どう変わる? 大学入試改革 2020年

文科省 2020年 大学入試改革
2017年5月16日、文部科学省より「高大接続改革の進捗状況について」が発表され、大学入試センター試験(以下、センター試験)に代わり2020年度(平成32年度)から導入される「大学入学共通テスト(仮称)」(以下、「共通テスト」)について実施方針案が明らかになりました。
そこでラーンズ編集部では、2020年に向けて、どのように大学入試改革が進められていくのか、入試制度改革の要点や傾向をまとめ、先生方に最新の情報をお届けしてまいります。

「高校生のための学びの基礎診断」 英語問題例分析

英語問題例 全体分析
日常生活や身の回りのことに関する内容です。いずれの問題も基礎事項の定着が求められていると言えます。

CEFRのA1~A2のレベルが目安です。

「話すこと」は「質疑応答問題」「音読問題」「応答問題」「意見陳述問題」の4大問で構成されています。

「書くこと」は短いメモ(手紙)を作成する問題です。メモに含めるべき内容が3点指定されています。


問題例の分析

英語問題例分析

※出典:
「高校生のための学びの基礎診断」検討ワーキング・グループ(第2回) 配付資料
(文部科学省)

英語問題例分析写真を拡大する

英語問題例分析写真を拡大する

英語問題例分析写真を拡大する

英語問題例分析写真を拡大する

英語問題例分析写真を拡大する

英語問題例分析写真を拡大する


2017年09月08日 公開


» 「どう変わる? 大学入試改革 2020年」へ